これは面白い!FOSTEX AR101L AUDIO RETRIEVER

06/12/2016

ミキシング録音とデジカメの音に悩む


 
以前、お話ししましたが、
 
私は、携帯受信機からの音声をミックスして録画する事があり、
 
ビデオ時代は、マイクの上にモノラルの耳掛け型のスピーカー?イヤホン?ヘッドホン?
 
を付けて、同時に録画・録音しておりました。
 
しかし、ビデオカメラで撮影していても取回しが面倒な事を、
 
さらにデジカメでやるとなると頭が痛くなってきます。
 
随分、色々な事を調べました。
 
 

簡単にミキシングするには?

 
マイクと、受信機の音のバランスは、受信機側のボリュームで調整するとして、
 
2つの3.5mmプラグを、1つにミックスする方法を考えたり、
 
ミキサーを挟む方法を考えたり…
 
たったこれだけの事なのに、結構面倒なんです。
 
マイクとLINEの入力の違いとか、受信機側がモノラルだったりとか
 
ミキサーの大きさだったりとか…
 
一番の問題は、ミキシングするのにヘッドホン出力をどうするか…です。
 
受信機の音が大きすぎると耳触りなので、モニターしながらじゃないとダメなんです。
 
環境によって音量も違うので、いつも同じボリューム設定でよいわけでもありませんし…
 

ICレコーダーを使ったら?

 
一番先に、気付いたのがICレコーダーで録音するという方法です。
 
ICレコーダーって、2チャンネル=ステレオオンリーだと思いこんでいたのですが、
 
4チャンネル録音できる機種もあるんですね。
(そんな事も知らないのかと言われそうですが)
 
これを介して、ICレコーダーのパンニングを使えば、
 
モノラル音声も、中央に配置できます。
 
 
そこで購入したのが、
 
DR-40 VERSION2(メーカーサイト)です
 
音は申し分ないし、これでオッケーと思ったんですが…
 
やはり、脚に据えて使う分には問題無いものの、
 
手持ちで、使うとなると前後に長いので
 
どうしても、レコーダー本体に接触してしまうんです。
 
ICレコーダーのマイクが、前に倒せれば、
 
縦にセッティングすることで、
 
この問題を回避できるんですが、
 
どこのメーカーも、同じ作りなんですよね。
 
ちょっと考えてくれればな~と思いました。
 
どちらかというと、三脚に据えて録画する事が多いものの
 
やはり、手持ち撮影の事を考えると
 
どちらも、満足できる方法が欲しくなり、
 
またしても、ミキサー選びをしていました。
 

FOSTEX AR101L AUDIO RETRIEVER

 
と、グーグルの画像検索で、面白い物が見つかりました。
 
デジカメネタでも見た事の無い商品です。
 
FOSTEX AR101L AUDIO RETRIEVER(メーカーサイト)
 
カメラの上に、マイクというのは良く見ることですが、
 
それに似ています。
 
仕様を調べてみると、
 
コイツも、4チャンネルミキシングできるんですね。
 
(ステレオ+ステレオかモノラル+モノラル、若しくはステレオ+モノラル)
 
しかも、ヘッドホン出力もあります !
 
なんせ、軽い!
 
早速、購入してみました。
 
 
同梱のモノラルマイク2個は、頼りなさそうなので
 
先に購入した、TASCAM TM-2Xを片方のジャックに差し込み、
 
もう片方のジャックに、受信機からのプラグを差し込みます。
 
あとは、モノラル側のパンニングを中央にして
 
受信機とマイク側とのボリューム調整をすれば、問題無く録音されます。
 
 
なんといっても、軽くて小さいのがいいです。
 
さらに匡体が頑丈です。
 
カメラ上部にマウントして、手持ちしても邪魔になりません。
 

ちょっと問題が…

 
残念ながら、問題点もあります。
 
スイッチを切ると、設定が元に戻ってしまい、
 
受信機側のパンニング等、再設定が必要なんです。
 
しかも、その設定時に確認するインジケーターの
 
消灯、点灯、点滅のパターンを記憶するかメモを貼っておくかしないと、
 
自分が今、何の設定を操作しているのかわかりにくいんですね。
 
これには、最初、戸惑いました。
 
全体のボリュームを調整しているつもりが、
 
ヘッドホンのボリュームを調整しているだけだったり
 
パンニングと、チャンネルごとのボリューム調整を間違えたり…
 
小型化するためにモニターではなく
 
インジケーター表示にしてある以上、止むをえませんが
 
咄嗟の撮影は、困難ですね~
 
 
また、ヘッドホンアンプの為かと思われますが
 
意外と、バッテリーの減りが早いんです。
 
結構、こまめにパワーオフしてたんですが、
 
それでも、「ありゃりゃ」ということがありました。
 
まぁ、単4ですから乾電池も充電池も売ってますし
 
予備を持っていれば、良い事かもしれません。
 
 
音に関してはどうなんでしょう?
 
特に、着色された印象は持ちませんでした。
 
マイクの特性のままカメラに送られている…
 
そういう印象でした。
 
再掲 FZ1000 関門橋で動画テスト
 
汽笛以外、大きな音が入っていないので、参考にしにくいですね。
 
受信機は繋がっていません。
 
紆余曲折の末、ようやく手持ちできるセットができました。
 
 

ICレコーダーは三脚使用なら

 
DR-40 VERSION2は、廃番になり
 
TASCAM DR-44WL(メーカーサイト)
 
が後継機となりました。
 
あえて申し上げておきますが、
 
DR-40(DR-44WL)がダメなのではなく、
 
私の使い方にそぐわないというだけの事です。
 
4チャンネル録音できますし、
 
操作しやすかったですよ。
 
比較すれば、いろいろ不満も出てくるかもしれませんが、
 
カメラ記録の音よりは、ずっと良い音で録音されます。
 
いずれ、カメラの音とICレコーダーの音の比較も
 
お伝えしたいと思います。
 
 
と、FOSTEX AR101L AUDIO RETRIEVERも販売終了だとか…在庫限りになります。
 
さらに使い易くなってくれるといいのですが。
      ↓
FOSTEX AR101L AUDIO RETRIEVER
 
こちらは、現役です。
 
TASCAM DR-44WL