ストロボリフレクターを御存じですか?

14/03/2018

ストロボに付けるリフレクターのお話です。
強い影を最小のセットで
いかに柔らかくするかお悩みの方は多いですよね。

ストロボが必要なシチュエーション

カメラの実用感度がどんどん上がって

ストロボの出番が減った感はありますが、

やはり感度を上げれば、

それだけざらつきは増えますし、解像感も損なわれます。

 
そこで必要になるのが照明、

なかでも手軽に使えるクリップオンストロボです。

最近のストロボは、

カメラの設定に応じて発光量をコントロールしてくれる物があり

あまり深く考えなくても、そこそこの写真は撮れるようになりました。

 
しかし、カメラに直に載せたストロボからの光は、

どうしてものっぺりした写真になりがちです。

また、被写体までの距離で発光量が決まるので

背景は暗く沈んだ写真になってしまいます。

背景までの距離が近い場合には、

被写体の横に、エッジのはっきりした影が出るため、

人物の場合には、髪と影が重なってしまうこともあります。

 
そのためストロボの数を増やしたり、

天井バウンス等の方法で、

なんとかして影を薄くする方法を考えるのですが、

どうしても、機材が大袈裟になる嫌いがあります。

 
キッチリとセットを組んでも問題無い時にはそれで良いのですが、

お客さんがいらっしゃるようなシチュエーションでは、そうもいきません。

演奏写真を撮る機会が増えて以来、

いかにシンプルに露出を稼ぐかが、大きな課題になってきました。

ストロボリフレクターとは?

今までは、基本的に天井バウンスで撮影していましたが、

ストロボリフレクターと言われる機材の存在に気付きました。

 
記者会見等で、

ストロボによっては付いているキャッチライトパネルですが、

あれをもっと大きくしたものがストロボリフレクターです。

 
ストロボの発光部は天井へ向け、

発光部の後ろに装着するのが一般的です。

 
発光部は、天井に向いていますから、

光量は全く期待していなかったのですが、

なんとなんと!

天井バウンスよりも若干光量が得られます。

発光面から後ろに飛ぶ光も

前側に照射できるからだろうと思いますが、

予想以上の効果に驚きました。

 
もちろん、被写体との距離によって変わってきますが

なにより影がかなり柔らかくなります。

背景によっては、ほとんど影を感じないほどの効果が得られます。

 
ISO100というわけにはいきませんが、

ストロボ無し:ISO6400

ストロボ天井バウンス:ISO800

天井バウンス+リフレクター:ISO640

となり、かなり感度を抑えることが可能になりました。




0円リフレクター

さて、購入しても安いリフレクターですが、

自作される方も多く、手近にあるもので試してみました。

 
年末に、試し印刷に使った100円均一のはがきです。

普通のはがきより、ずっと白いので「これなら」と思った次第です。

 
そのはがきを、カットします。

真後ろに立てるだけでなく、

サイド側も半分覆える長さに切りました。

形は長方形のままで、特に扇型にはしていません。

ストロボには、輪ゴムで止めています。

輪ゴムの方は、ストロボに残しておけば

必要な時にすぐ使えます。

 
さて、目の前にあったコーヒーカップを撮ったり

ちょっと離れた、飼い犬を撮ったりしてみましたが、

影がかなり柔らかくなっていました。

天井バウンスほど色温度が低下することもありません。

目の前のコーヒーカップでも、影が薄いのには驚きました。

被写体が近いと影も濃いものですが、

リフレクター無しの直光と比較して驚きました。

 
はがきも買えば、100円ですが、

何かしら白い厚みのある紙はあると思います。

製品を買う前に、0円でできるのではないでしょうか?

 
ちなみに、銀色のリフレクターは、

光の直進性が増すようで、影が濃くなります。

光量は損なわれますが、

銀より白の方が好結果を得られます。

 
↓はがきリフレクターでの撮影です。参考までにご覧ください。

 
↓一部ストロボ使用ですが…

商品としてのリフレクター


さて、0円でもできるリフレクターですが、

大きさが大きいほど、光をまわすことができます。

また、ヘッドの角度によっては

リフレクターの角度も変えられた方が

光を有効活用できます。

 
しかし、

大きくなるに従って運び方を考えなくてはならなくなり、

また角度を変える必要も考えると、

市販品の方が良いようです。

 
商品によっては、大きさ重さのため

ストロボヘッドが動いていまうものもあるようなので、

注意が必要です。

 
いずれにせよ安価なので、

ストロボの影に悩まされていらっしゃる方は、

お試しになってはいかがでしょうか?

 
プロフェッショナル リバーシブル フラッシュ ストロボ リフレクター
 
Fomito® ユニバーサル折りたたみ式リフレクタ
 
コピー元の製品のようです。やや高額ですが、評判は○
ROGUE フラッシュベンダー2 L