フレーミング~構図の話 3

26/07/2016

カメラの構え方そのものを、お話していませんでしたね
「ホールディング」と言います

カメラの構え方

ワタクシ、大事な点を忘れていました。

カメラの構え方のお話をしていませんでしたね。

一般的に「ホールディング」と言います。

 
今のカメラには、手振れ補正とオートフォーカスが付いているせいか、

片手で、後ろのモニターを見ながら撮影している人を良く見かけます。

撮れなくはないでしょう。

でも、多くのブログの写真を見てください。

100パーセント拡大して見てください。

写ってるだけですね。

しっかりと写真を撮りたいならば、

それではダメなのは、なんとなくわかりますよね?

 
何がダメなんでしょう…

 
確かに、手振れ補正やオートフォーカスで

かなりの部分をカメラが補ってくれます。

が、撮影のほんの一瞬カメラが動いてしまえば、

フォーカスポイントが狙いと違う所に合ってしまいますよね。

構図だって変わってしまいます。

 
やはり、撮影時の構え方は大事なんです。

カメラの違いと構え方

カメラと一口に言っても、色々なカメラがありますね。

それぞれ、どう構えたら良いのでしょう…

 
まず、ママさんカメラマンにも流行ってきた「一眼レフ」です。

よく、両手でボディを持っている人を見かけますが、

バランスが悪い上、レンズの操作が瞬時にできないのでお薦めしません。

右手はボディ(最近のカメラはグリップが有りますね)、

左手はレンズを下から支えて持ってください。

シャッターを切るときに、レンズ側が下振れするのを防ぐためです。

(カメラが凸型をしている以上、凸部=レンズを支える必要があるわけです)

また、肘は極力閉じて、体側に付けるようにしてください。

肘が開いていると、カメラが固定されません。

 
では、縦位置の場合は?

グリップの有るタイプは、おのずと右手が上になります。

(シャッターは、人差し指で切ります)

左手のひらで、カメラの左側面を支え、

(カメラの左側面を、左の手のひらに乗せます)

左の指は、レンズを下から支えます。

 
しかし、昔の一眼レフのようにグリップが無い場合は、

右手の人差し指と中指はボディの底に、

薬指と小指を曲げてボディ左側面を下から支え、親指でシャッターを切ります。

人差し指・中指と親指でカメラを挟むような形です。

左手は、やはりレンズを下から支えます。

このように支えることで、肘が開くのを防げます。

 
左手でレンズを下から支えるのは

どんな一眼レフでも同じです。

(上から手をかぶせてレンズを操作しないように!)

 
スマホをはじめとした、コンパクトデジカメの場合は、

左手の人差し指にカメラの底を乗せ、

親指をカメラの左側面に添えます。

ちょうど、ピストルの形ですね。

で、右の人差し指でシャッターを切ります。

右の他の指は、なるべくカメラに添えてください。

これで、指が写りこむのを防ぐ事ができます。

 
コンパクトデジカメでの縦位置撮影は、

グリップの無い、一眼レフと同じです。

親指シャッターが良いでしょう。

(誤操作防止のためか、シャッターボタンがあまり出ていないので押しにくいですね)

 

まとめ

人に見せられる写真を撮る時に、最も意識しなければならないのは、

シャッターを切るときに、カメラが動かないようにする事です。

それでも、人間が持っている以上カメラは動いています。

 
いまでこそカメラがフォローしてくれますが、

元から、きちんと構えることは大事です。