データの保存と外付けHDDの管理

01/09/2016

外付けHDD…管理していますか?

先にお話ししたRAWデータや動画データは、ファイル容量が大きく、

外付けHDDにデータを保存していらっしゃる方も多いと思います。

 
とかく、「内蔵HDDがクラッシュした!」という話は聞きますが、

外付けHDDも、挙動不審になります。

私も、つい先日、

外付けHDDをまともに認識しなくなり、

(名前の出ていたHDDが「ローカルディスク○:」と表示される)

アイコンをクリックしても、データにアクセスできない有様です。

 
データの復旧取り出しに向けて色々調べたのですが、

外付けHDDには、ほとんど冷却ファンが無く、

PC本体内蔵のHDDより温度の上昇が激しいため、結構、消耗するようです。

また振動の影響を受けやすいなどの理由も、挙動不審を招く原因のようです。

CrystalDiskInfoのすすめ

さて、調べた中でお知らせしておこうと思う優秀なアプリがありました。

それが、無料アプリの「CrystalDiskInfo」です。

専門的な使い方は、検索すればいくらでも出てきますので細かく説明しませんが、

内蔵を含めたすべてのHDDの状態を確認できます。

 
S.M.A.R.T.(スマート)という機能で、

2008年以降製造されている殆どのHDDに搭載されている機能です。

この機能を使えば個別に細かく状況の把握ができます。

注意する点は複数有りますが、

中でもC5「代替保留中のセクタ数」C6「回復不可能セクタ数」です。
 
しきい値が現在値を超えていなければ問題無いのですが、

生の値が1を超えている場合には、ちょっと問題があるようです。

いずれも、値が変化するという事は、

そのうちHDDが物理的にも使えなくなる可能性があるそうです。

そうなる前に大事なデータの移動をしておくためにも、

「CrystalDiskInfo」はインストールして、常駐させておいた方が良いようです。

 
 
もっと早く対処していれば良かったんですけどね~