RAW現像アプリ

23/08/2016

RAW現像アプリの色々

私は、CANONの他PANASONICのFZ1000も動画用に持っているのですが

これも、RAW撮影ができます。

しかし、CANONのDIGITAL PHOTO PROFESSIONALでは開く事ができません。

 
FZ1000には、SILKYPIXというアプリが付属してきます。

SILKYPIXは使った事がありませんし、

FZ1000での静止画撮影の機会は少ないと思いますが、

動画撮影主体の時に、ちょっとスナップ撮影するかもしれないと思い、

SILKYPIXについて調べてみました。

市川ソフトラボラトリー

PANASONICのカメラなら、アプリも当然オリジナルだろうとばかり思っていたのですが

市川ソフトラボラトリーの機能限定アプリなんですね。

で、このアプリ、他のカメラメーカーのアプリのエンジンにもなっているそうです。

しかし、各カメラメーカーが自社のカメラの秘密(?)を公開したくないらしく、

カメラに備わっている補正が反映できないなどの不備(?)があるようです。

 
細かい事には、こだわらないけれども

汎用性や機能の面で制限があるというのは、いただけませんね。

とはいえ、基本的に補正するところは先にお話したとおりで

その他の違いは、効果のかかり方が違うということのようです。

 
何度か、当ブログ内でお話してきましたが、

難しい話をして敷居を高くしてしまうのが目的のブログではなく、

どうせなら、ちょっと上を目指そうよというつもりで書いてますので、

決定的にダメな場合以外は、比較のみに陥らないようにしたいと思いますので、

メーカー毎のアプリの違いはここではお話しません。

(驚くほどあちこちのサイトで述べられていますので、そちらを参照してください)

 
さて、SILKYPIXですが

フルバージョンを購入するとなると結構高価なんですね…

となると、なんの意外性も無いですが、

やはりAdobe(アドビシステムズ)Photoshop Lightroomなのかな…と思います。

 
面白みが無いとは言いましたが、選択肢が無いというだけでして、

やはり出来は大変良いようです。

 
パソコンを換えてから、汎用アプリが入ってないので、

私自身も購入を考えております。

今は、6.0が最新バージョンなのかな?

欲しいな~

 
おそろしく価格に開きがあるので中でも安いトコを選びました。
 
LightRoom6 ダウンロード版 ベクターPCショップ
 
Adobe Photoshop Lightroom 6ダウンロード版Windows版 Amazon
 
アプリを購入するとなると結構しますね。

Adobe Lightroom CCというクラウドアプリもあります。

こちらは、月額980円でPHOTOSHOPも使えます。

う~ん、どうしたものやら…

今のところ、頻繁に写真使ってますからねぇ…

 
デジタル処理された写真に対して、「これを写真と呼べるのか?」

という疑問は常にありますが、

写真の出来栄えは、良くあって欲しいですからね~

アプリの違い=現像液や印画紙の違いと同じと考える事にしましょう(笑)