外付けHDDの復旧

04/09/2016

怪しい外付けHDDからデータの取り出し

先日の、外付けHDDの異常のため、

データの復旧とコピーをせざるを得なくなり、

やむなく新たに外付けHDDの購入をしました。

 
とは言え、HDDにアクセスできない状況ですし、

データの破損なのか、HDDの物理的破損なのかわからない上、

どうデータにアクセスできるかもわからないので、

色々調べた結果、データの復元アプリを使う事になりました。

 
HDDの状態は、先にお話しした「CrystalDiskInfo」でわかりますが、

データの事まではわかりません。

 
そこで、使ったのが「ファイナルデータ体験版」です。

体験版ですから、無料です。

 ダウンロードは、こちらから
このアプリで、どのデータが認識できているのかおおよそわかります。

 
他の無料アプリも使ってみましたが、

ほぼ復旧できない状態であったのと大きく違って、

元のHDDのツリー構造を保ったまま表示されていたので、かなり安心できました。

「ファイナルデータ」でデータの復旧・取り出し

というわけで、復旧コピーできるデータがある事がわかったので、

実際に作業することになります。

「ファイナルデータ体験版」では、ディスクアクセスとデータの確認はできますが、

復旧コピーはできませんので、正規版が必要になります。

 
価格が、7~9000円と微妙な価格ですが、

HDDからデータ取り出しの依頼をするとなると、

その2~3倍はかかりますから、それを考えると仕方ないですね。

ヤフオクで探せば、もう少し安いかもしれません。

 
気を付けなければならないのは、「体験版」をアンインストールしてからでないと

正規版のウィザードが起動しませんので、これだけは忘れないでください。

あとは、順次新しいHDDにコピーしていくだけです。

 
データによっては、読み出し不可能なものもあります。

やむをえない事だとは思いますが、ちょっとガッカリします。

ダイアログでは、データが見えていますから…

しかし、コピーすると数十Kbのファイルになってしまっているわけですね。

どうも、動画のような大きいデータの復旧が難しいようです。

 

忍耐のデータ取り出し

なにしろ、修復~コピーに恐ろしく時間がかかります。

去年の画像データのコピーに、ぶっ通しで12時間かかりました。

まだ他にもデータがあるので、気が遠くなりそうです。

 

こういった事態を招かないためにも、

先にお話しした「CrystalDiskInfo」常駐でHDDの監視をするともに、

定期的にバックアップを取っておく事が大事ですね。

 
 
やれやれ…