GoPro HERO8 Black メディアモジュラーよりマイクアダプター+Ulanzi G8-5を

GoPro HERO8 Black購入後、
外部マイクが使いたくてメディアモジュラーの発売を待っていましたが、
やっと発売されたメディアモジュラーのマイクの評価が良くないですね。
不必要なマイクに資金を割くのはやめた方が良いと考えました。

メディアモジュラーのマイクは音質が…


GoPro HERO8 Blackにはマイクを直接繋ぐことができません。
必然的にメディアモジュラーを使うかマイクアダプターを使うしかありません。

マイクアダプターは、GoPro HERO8 Black発売時にすでに発売されていましたが、ケーブルの引き回しや筐体の大きさなどから敬遠していました。
忘れた頃になってメディアモジュラーが発売になり、ブログやYouTubeにも登場するようになりました。

しかし、期待とは裏腹にどうもマイクが良くないようですね。
音が途切れたりノイズが入ったりと何のためのマイクなのかよくわかりません。
当たり外れがあるかもしれませんが、外れを引きたくはありませんしネガティブなコメントが多く、使えないマイクに資金を割くのも意味がありませんよね。

外部マイクを使うにはマイクアダプターを使うことに


GoPro プロ3.5mmマイクアダプター AAMIC-001 Amazon
 
GoPro HERO8 Blackの内蔵マイクはデジカメなどの内蔵マイクより良い音質ではありますが、やはりボンヤリしたステレオ感しかなく過大入力にどの程度耐えられるかも不明です。

綺麗にまとまるメディアモジュラーですが使えないマイクに9000円以上使うならマイクアダプターを買った方がお得ですね。

Ulanzi G8-5 GoPro Hero8 Black用ケージでひとまとめに

最初にも言いましたが、マイクアダプターは意外と大きく堅くて短いケーブルが出ています。これをGoPro本体とどうまとめるのかが悩みの種でした。

GoPro 7までは、マイクアダプターを本体下に設置できるケージがありましたが、メディアモジュラーの発売を待っている間にGoPro Hero8 Black用のケージも発売されました。


Ulanzi G8-5 GoPro Hero 8 Black 用 ケージ Amazon
 
メディアモジュラーはサイドから本体を挿入しますが、Ulanzi G8-5は後ろから挿入します。

・GoPro Hero8 Black本体のバッテリー蓋は取り外して、付属の蓋と交換します。もちろんUSB Type-cの充電口も開いています。
・マイクアダプターは、ケージ下の台形のフレーム内に収まるようになっています。
・私の外部マイク(TASKAM TM-2X)では必要ありませんでしたが、マイクの映り込み防止のためのスペーサーも同梱されています。
・Ulanzi G8-5本体には1/4の三脚穴が開いていますが、gopro三脚マウントアタプタも同梱されています。
・Ulanzi G8-5の本体上部にはコールドシューがあり、対応するマイクなら簡単に装着できます。
・Ulanzi G8-5は、本体左にもコールドシューがあり小さいLEDライトなどを付けることも可能です。

フレームの剛性は全く申し分なく頑丈そのものです。

Ulanzi G8-5にはフィルターもレンズキャップも付けられる

特筆すべきは、レンズ前面にフィルターが付けられるようになっていることです。

GoPro 7はレンズキャップを付けられるようでしたが、GoPro Hero8 Blackには今のところサードパーティーからそういう商品は出ていませんので大喜びです。
その上、PLフィルターやNDフィルターも一般的に販売されている物を使うことができます。
マイクアダプターとUlanzi G8-5でメディアモジュラーより若干高くなりますが、良い感じにまとまってくれます。

車窓動画を撮るのにPLフィルターは効果が期待できますね~ 水族館などでも効果を発揮するかもしれません。(光量が減りますが…)

頑丈なのは良いけれどかなり重いです

良いトコばかりじゃありません。

剛性は相当なものですが、それを犠牲にしても軽くして欲しかったなぁと思わなくもありません。
窓などにマウントするサクションカップは信頼できるものにしないと振動で落下するかもしれません。
DJI OSMO POCKET用に購入したサクションカップで試したところ、3時間ほどで落下しました…

外部マイク使用時の注意

これは、YouTubeでも言われていますが外部マイクを使うと録音レベルがかなり小さくなります。
特にWAV形式で録音すると顕著です。
編集でレベルを持ち上げることはできますが、どうにかして欲しいものです。

バッテリー駆動のマイクの方がノイズが少なく安心ではあるのですがどうしても大きくなるのとモニタリングしていないとマイクのスイッチを入れ忘れたリバッテリーの残量が気になったりという問題から離れられません。

 
GoPro Hero8 Blackの登場で、4K60Pが身近にはなりましたがまだまだ越えなければならないハードルがあります。
Ulanzi G8-5のおかげで撮影時の問題はクリアしましたが、4K60Pとなるとモニターや編集アプリもアップグレードが必要になり、いくら資金が必要になるのか頭が痛いです…

GoPro プロ3.5mmマイクアダプター AAMIC-001 Amazon
Ulanzi G8-5 GoPro Hero 8 Black 用 ケージ Amazon