デジタル一眼(DSLR)と動画の?

06/06/2017

最近は一眼を始め、ほとんどのデジカメで動画を撮影できます。
中には4K録画できる機種も登場し、
写真とビデオの両方を一台で撮影でき便利にはなりました。
しかし、ちょっと不要な部分をカットするだけでも大変で、
写真の補正のようにはいきませんね~
まだ、お薦めできる記事ではありません、念のため…

動画の形式が?

動画と一口に言いますが、まぁその種類の多い事ったらありゃしません。

進歩のスピードの違いで、色々なメーカーが色々なフォーマットを出すからですね。

昔のビデオなら、VHSとβに大別されましたが、

今の録画形式は、2つどころではありません。

 

以前は、ビデオカメラで撮ってメディアに焼くという流れでしたが

最近は、動画の画質の方がメディアのレベルを追い越してしまい、

せっかく高画質で撮っても、ディスクに記録するには、

画質を落とさなければならないという状況です。

 

画質だけではありません。

音声に関しても、AACとリニアPCMが混在し、

それを動画とまとめるとなると、

またわからない問題が出てきます…

人に渡す問題が…

撮って編集しただけならHDDに保存しておけばいいのですが、

これを人に渡すとなると、DVD若しくはBlu-rayに記録する必要が出てきます。

 

今まで、とりあえず撮っておいて

編集・保存は後でと思っていましたので、

何の問題も無かったのですが、

いざ編集してメディアに記録しようとしたところ、

その問題に気が付きました。

 

簡単に言ってしまえば、カメラで撮ったデータを

丸々Blu-rayに焼けないという事に今更気付いたという事です。

映像の現場に従事していらっしゃる方、詳しい方から

大笑いされそうですが、実際、この問題に直面している人は多いようです。

ちなみに私が、それに気付いたのは

アメリカのQ&Aに、Blu-rayには記録できませんよという記述があったからです。

Blu-rayの規格

Blu-rayに4Kが記録できない事は知っていましたので、

まだ4K録画は先で良いと思っていましたが、

実は、フルハイビジョンも怪しいとは思いもしませんでした。

Blu-rayに記録できるのは、フルハイビジョンまでと思っていましたから…

Blu-ray Disc 調べるほどわからなくなる世界

しかたないので、記録可能な最高の方法を調べたのですが、

調べるほどわからなくなってきます。

動画は、映像と音声の両方が一組になっているわけですが、

映像と音声に関して、別々に書かれている事が多く、

できない組み合わせがあるのか否かハッキリとわかりません。

簡単に言えば、

映像:1920×1080/60P

音声:リニアPCM

で記録したいのですが、

実際に記録できるのは、

映像:1920×1080/59.94i(フレーム換算29.97,25fps)

   1920×1080/24p

音声:リニアPCM、AC-3、DTSデジタルサラウンド。

AACはサポート対象外となっているようです

ということは、60Pで撮ってもBlu-rayには半分でしか記録できない事になります。

なんともがっかりな話です。



スポンサーリンク

Adobe Premiere pro cs6とMedia Encoderの話

編集する分にはPremiere pro cs6で行い、

H264で書き出すことになんら問題ありませんが、

これをAdobe EncoreでBlu-rayに焼く場合に、

どう設定するのがベストなのかわかりにくいのです。

これに関しては、あちこちのQ&Aに質問が寄せられている事から

設定が難しい、わかりにくいという事がわかります。

 

Premiere pro cs6で、まずつまづくのが「シーケンスプリセット」です。

これは、今のデジカメならば「AVCHD」を選んでおけば良いようです。

タイプが異なっていても後で、変更を促すダイアログが出て知らせてくれます。

 

エフェクトに関しては、私もまだ練習中ですし

YouTubeに操作の手順が出ていますので

それを参考にされるのが良いと思います。

(私も厄介になっております)

 

諸々の作業が終わったと仮定して書き出しですが、

ここも何を設定すれば良いのかわかりにくいですね。

1920×1080/59.94Pが見つからないんです。

さんざん探して見つかったのが、H264です。

書き出し:H264

プリセット:1080P 29.97を選択して

下のビデオタブをクリック、

フレームレート:59.94を選択します。

これで、1920×1080/59.94Pの書き出しができます。

なぜプリセットに1920×1080/59.94Pが無いのか不思議です。

おそらく、このアプリ開発時には一般的ではなかったからかもしれません。

これがさらに4Kになったらどうするんでしょう?

1440×1080/60Pが無いようなんですが…

もっとも、マシンパワーがとてもそのレベルではありませんが…

なお、書き出しの時は、「書き出し」より

「キュー」を選択しMedia Encoderで書き出した方が速いという話がありました。

 

Encoreでディスク作成

Media Encoderでエンコードが終わったら、Encoreでディスク作成ですね。

ここは、メニューやチャプターを付けたりする以外、

あまり変更を加えるところは無いみたいですね。

ウチのパナソニックのディーガは、Blu-rayの読み書きが壊れてできないので、

焼いたディスクの検証ができないのが困ったものです。

これからどうなる、動画の編集…

肥大化する一方の動画ファイルで、マシンパワーが追いつかないということは、

高画質で録画しても、補正さえ難しいということで、

カメラまで戻って考え直さないといけないかもしれませんね。

実際、人に渡す可能性の高い動画は、

画素数は1800万画素になりますが、

EOS Kiss x6iでも良いのではと思えてきました。

 

まだ勉強中で、大いに間違った点があるかもしれません。

(その際は、コメントでお知らせください)

それにしてもわかりにくい世界ですね。

ハイレゾはともかく4Kってどうしたもんやら…

頭痛いな~