北九州市消防音楽隊 in 北九州空港祭

25/09/2017

年一回のイベントで、去年は演奏開始直前に降雨という状況でしたが、
今年は見事に晴れまして、むしろ暑かったです。
乗り物好きな色が濃い記事ですが、どうぞ。
(全ての写真はクリックで拡大されます。余黒クリックで元に戻ります)

面白ハプニング

出掛ける前から、腹具合が悪くて

結果的に、JR朽網駅から乗るバスが1本後のバスになってしまい

あと30分待つ事になってしまったのですが、

イベントに参加されるスタッフが、

「1人ここで乗せて行くので、送りますよ」という事で

5分も待たないうちに、空港へ向かう事ができました。

搭乗すると思しき方と計5人で空港へ。

本来乗るつもりだったバスの到着時刻と

10分も違いませんでした。

いや~これはラッキー。

 

大分からイベントに参加された方で、

カボスを買って参りました。

 

本当に助かりました。ありがとうございました。

さて飛行機です

間に合わないかと思った、JAL374からです。

親子で見学できるようで、できれば代わりたかったです(笑)

荷物運搬車、タグ車といいます
ローリーからまだ給油中です

トーイングトラクターが連結されました

タンクローリーもジェット燃料の給油終わりです
1つ1つ指差確認しています

プッシュバック開始

実習?なんか地上の人が多かったんですが…

タキシング待ち

タキシング~滑走路への進入許可を待ちます

東京からのSFJ77の着陸を待って

滑走~離陸です

イベントの合間にも

イベントそっちのけで飛行機見てましたが、

そろそろ音楽隊の演奏時間が迫ってきたので

お昼を食べて、麻薬探知犬の仕事見てました。

この箱ですヨ
箱の前で座って、知らせます。賢い!

 

と…、この間にも離着陸があります。

tianjin airlinesの便名?が着陸

その横を、SFJ82が出て行きます
白いモヤモヤは、有刺鉄線のボケです

 

この日は、飛行機を見る、撮るだけじゃなくて

航空無線を聴くのも楽しみの一つでした。

(ちなみに、118.8500MHz です)

鉄道無線や航空無線は、先に状況が分かるというのが便利だし、

より専門的なやり取りが聴けるということ自体楽しいです。

おかげで、イベント中も離発着状況がわかるので、

何枚か撮影する事ができました。

 

麻薬探知犬は、撮影するより見ている方がずっと面白かったですね~

麻薬探知犬のマスコットキャラクターがいたのですが、

それを怖がっているのか、不審に思っているのか、

指示には従うのですが、気もそぞろだったのがおかしかったですね~

ハンドラーの、「まぁ、こういうこともあります」

というのがウケました。




北九州市消防音楽隊の演奏

~バンド~

音合わせ。
スピーカーが邪魔だなぁ…

クラリネット

ホルンとテナー・アルトサックス

手前からバスクラリネット、バリトンサックス、ユーフォニアム

曲が終わったら…

手前からトロンボーン、トランペット×2


パーカッション(とクラリネット)

アンコーーール

~キタキューティーズ~


お馴染み、恋ダン
この振付、撮りやすくて好きです(笑)

 

この日は、トロンボーンが1人で、チューバが不在でした。

さらに、クラリネットがバスクラリネットに変更になってました。

なので、いつもと座る位置が違います。

パーカッションとクラリネット以外の配置が違うので若干、混乱しましたが

いつもと違うのがまた面白くて、割と撮影枚数が増えました。

ガード演技は、正面から撮りたいなと思ったものの

他と違って、客席の椅子の列が多くて

どう頑張っても、お客さんの頭が入ってしまうのでサイドがちに撮りましたが、

こう撮ると、ガードさん同志が重なってしまう事が多くなります。

もっともっと神経使ってファインダー見てないとダメだなぁ…

今日の機材とか

この日は、屋外で晴天ということなので

引きが欲しい撮影はM5、

70-200+エクステンダーは、x6iで撮影しました。

80Dは、バッテリーグリップを持っていないのでお休み。

あれにバッテリーグリップ付ける気になれないですねぇ、重くて。

80Dどうしよう…

ちなみに、どちらもサーボAFで撮影したのですが

x6iは、合焦しきれない事が多かったですね~

測距点が少ないので、結構苦労して撮影してるんですが

その上で合焦してないというのはショックですね…

 

raw現像は、全てDPP4です。

慣れてきたのか、ストレスは減ってきましたが

やはりインターフェースはどうにかして欲しいですね。

面白ハプニング その2

帰りのJRを降りて改札を通ろうとした直前、

前から、改札を通って来た人が。

「知ってる人だよなぁ…」

「どこで会った人だっけ?」

「なんで知ってるんだろう…」

と、自分の中では随分長い時間が経過したような気がしました。

やっと(でもないんですけど)気付いたのは、

さっき撮ってたバンドの1人ということでした。

思わず出た一言が「あら!」

「お疲れさまでした」とは言い足したものの、

なんとも、お恥ずかしい…

 

演奏の現場やファインダーの中では、わかってるんですが、

帽子被ってないし、私服だし…で

気付くまで時間が掛かったんですね~

勤務地が近いんだから、出くわしても不思議でもなんでもないんですけどね。

いやー実に面白かった~

 

こんな事もあるので、

常々、いろんなところに注意してないといけませんね。

疲れた顔してないか、姿勢悪く歩いてないか…などなど

ちょっと冷や汗が出ました(笑)

 

また次回、チョロチョロしますがよろしくお願いします~