画像補正…

10/08/2016

写真撮影の後、画像補正していますか?

画像補正は、必ずしなくちゃいけない…ということはありませんが、

インスタグラム等の画像を見てみると、室内撮影が多く、

そのほとんどが画像補正すれば、もっと奇麗になるのになぁ…

という写真ばかりです。

 
大半が、コントラスト不足です。

前回、明るさとコントラストの話をしましたが、

画像補正のアプリには、ほぼ、この2つを調整するコマンドがあります。

 

ハイライトとシャドウを個別に補正する

ハイライト=明るい部分、シャドウ=暗い所ですが、

アプリによっては、Photoshop Elementsのように、

ハイライトとシャドウを個別に調整できる、大変助かるコマンドがあります。

画質調整→ライティング→ハイライト・シャドウと進んでいくと

各々を調整するスライダが出てきます。

これによって、ハイライトのみシャドウのみを個別に調整できます。

コントラスト調整との違い

コントラストは、階調全体を操作するため

シャドウに合わせると、ハイライトが飛んでしまったり、

ハイライトに合わせると、シャドウがつぶれてしまったりという影響が出ますが、

ハイライト・シャドウを個別に調整する事で、そういった影響を回避する事ができます。

もちろん、記録されていないほど極端な画像では、調整できる範囲に限界があります。

また、全体感を崩してまで部分にこだわってしまうのは

全くナンセンスですので、ここには注意してください。

特に、色の濁りには十分注意してください。

 
夏の撮影で、帽子をかぶったモデルの顔を明るくしようとして、

シャドウを明るくするコマンドを使ったとき、無理に明るくすると、肌の色が濁ってきます。

逆に、頬の白トビを抑えようとハイライトを暗くすると、グレーがかった濁りが出てきます。

屋外の人物撮影で、レフ板やストロボを用いるのは、

撮影の段階で、顔がシャドウになってしまうのを抑えるためです。

先に話しましたように、撮影段階が大事なんですね。

 
コントラストと、ハイライト・シャドウコマンドを各々どう使うかは、

ケースバイケースですので一概には言えませんが、

使えるアプリをお持ちの方は、試してみてください。

保存しない限り、元画像は残せますから、スライダを大胆に操作してみるとよくわかります。

 
※ 画像補正の際には、あらかじめコピーを作って、それを調整するか

  別名で保存を行うことで、元画像を残すようにすると良いと思います。

 
実際に、Photoshop Elementsで説明したいのですが、

今使っているPCにインストールすべきPhotoshop Elementsのディスクが紛失して、

現在、CANONのDigital Photo Professnalしか使っていないので、

画像での説明ができないのが残念です。

(RAW現像時にはCANONのDigital Photo Professnalでも
 ハイライト・シャドウコマンドを使用できます)

 
以上の、お話は白黒・カラー共通の調整事項ですが、

これが、カラーになると厄介な調整事項がさらに増えてきます。

最近のスマホは出来が良いので、あまりいじらなくても良いようですが、

やはり知っているのと知らないのでは、出来が違いますので、

 
次回(?)その辺もお話しますね。