EOS M5でEXTENDER EF1.4×IIIは使えるか?

18/07/2017

今日は、小倉城と門司港で北九州市消防音楽隊の演奏があり、
EOS M5でEXTENDER EF1.4×IIIは使えるか否か、
実証実験を兼ねて撮影してきました。

暑かった~

北九州市消防音楽隊 小倉城

銀箱乗って撮りました…

先に演奏の行われた小倉城は、

第29回小倉祇園太鼓据え太鼓競演会のオープニングを飾るものでした。

進行方向の左右は観覧席なので正面がちに動画撮影という形になりました。


どう退場するのかわからないまま退場開始。

バタバタとスチル撮影に切り替えたので散漫な仕上がりとなっております。

イベントって現地で実際に始まらないとわからない事が多く、大体まごつきます…

(動画は、デキに満足できないので後悔決定、公開未定)

一枚は撮っておこう…about about

据え太鼓競演会なのに、早々に門司港へ移動

据え太鼓競演会は、ずっと前に取材で何時間も撮影したことがあって

今日は、いいかな~と…次に演奏のある門司港へ

14:30からなので、いつものようにウロウロすればいいやと思っていたものの

今日は、興味あるイベントが他になく暑さも厳しいので、

とりあえず岸壁側へ移動、海峡ミュージアムへ涼みに。

5階で食事をしようかと思ったものの満席でいつ座れるかわからないので、

1階へ降りたところ、軽食堂があったのでそこで昼食を取ることにしました。

門司港もこの辺まで来ると食事処が無いので、助かります。

「メダカの国」ってお店です。

EOS M5でEXTENDER EF1.4×IIIは使えました

最近の撮影、EF70-200 F4L USMだと寄れなくて物足りない事が多くなってきました。

EF300 F4Lも考えたのですが、レンズを交換してる暇がない…

かといって、70-300みたいなでかくて重いレンズはとても使えない…

というわけでEXTENDER EF1.4×IIIを考えました。

EOS M5でEFレンズを使うには、マウントアダプター EF-EOS Mが必要ですが

EXTENDER EF1.4×IIIを重ね付けするのはOKなのか否か、

あちこち探したけれど、どこにも記述が無いんですね。

使えませんとかAFが使えませんとかそもそも装着できませんとか…

 

例によって、ダメ元でポチってしまいました。

 

現物が来たのが演奏の前日、外を撮ってみましたがAFは問題ないようです。

ほぼぶっつけ本番です。

光が多ければ問題ないのでは?

これも問題なし?(半逆光ですが)

ピン甘・手振れ。カメラホールドできてませんねぇ
隊員さん、ごめんなさい

このくらいなら○?ホントに被写界深度浅いです

追えてません。へんな構図~



EXTENDER EF1.4×III オートフォーカスは?

たまにフォーカス抜けします。

これは、シャッターリリース前後に

アウトフォーカスしかかってるんじゃないかなと思います。

手持ちで、最高280mmになるわけですが構えている間の

わずかな動きでもフォーカスポイントが狙いから外れる事があります。

 

スムーズゾーンAFならその心配は無さそうなもんですが、

無機物に比べて、人物って僅かにピントが外れても

う~ん、どうなんだろうと思う事が多く

1点AF(小)にして厳密に合焦させているので、

それだけ構えるのもシビアになります。

 

もうひとつは、手振れ補正以上にブレた時にシャッターリリースしてますね。

どこにもピントが合っていないという事はブレているという事ですから。

 

一脚が必要になりそうですね~

フレーミングが安定するので、その方がいいかもしれません。

地面から支えるのではなく、ウエストで支えるやり方が良い気がします。

(持っていこうかどうしようかと考えたんですけどね~横着しました)

 

今回、珍しく連写したのですが

合焦しないままの連写も多く、閉口しました。

EXTENDER EF1.4×III 画質は?

日の当たるところなら、大きな画質の低下はないようです。

一方、日陰に入ると甘くなります。

ブレの影響が大きいとは思いますが、色にじみは増えます。

拡大しないとわかりませんが、EF70-200 F4L USMだけだと出ない色にじみが

EXTENDER EF1.4×IIIを使うと、瞼や顔の輪郭に色にじみが出ます。

とは言え、EF-M18-150の色にじみよりずっと程度は軽いです。

 

いずれも、目一杯拡大しての話です。

機動性を考えれば、単焦点レンズではできない事ができているわけですから良しとします。

70-200にEXTENDER EF1.4×IIIで98-280mmとなり、

EF-M18-150と合わせると18mmから280mmまでカバーできるようになります。

 

ただし!

レンズ交換を考えての話なので、

今回のようにガード隊の動きを追うような撮影も併せて行いたい場合は、

カメラ2台体制じゃないと厳しいですね。

被写体が近い上、動きが大きいですから追えたもんじゃありません。

構図決めてるウチに、被写体ロストします…

他の選択肢は?

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMや

EF70-300mm F4-5.6L IS USMも

考えましたが、使用頻度がどうかなぁと思います。

70-200mmは、最近、毎回出動ですが300mmってそうそう使いませんからねぇ。

 

ちなみに、EF70-200 F4L USM+EXTENDER EF1.4×IIIの重量は、985g。

EF70-300mm F4-5.6L IS USMでも1050g。その差65gです。

EF70-300mm F4-5.6L IS USMは重いという完全な思い込みですね。

 

なお、EOS M5+マウントアダプター EF-EOS MとEXTENDER EF1.4×IIIの重ね付けは、

推奨されているわけでも、禁止されているわけでもありません。

私の見落としで、どこかに小さく「~できません」と書かれているかもしれません。

 

ただ、使えますよというお話なので、くれぐれも自己責任でお願いします。

解像度フェチの方にお薦めするものではありませんので、お間違いなく。

機材の事じゃない話

毎回、写真の確認をして思うのが、肌の発色の違いです。

主にファンデーションの反射によるものと思いますが、

グリーンに傾斜する場合と、マゼンタに傾斜する場合があり

その2人が一緒に写っていると、どう補正していいやら困ってしまいます。

補正する方向が真反対ですからね~

たぶん、成分にUVフィルターが入っているからでしょう。

男性と女性の肌色の濃さも、コントラスト決定に悩みます。

誰にも平等な画質になるようにしてはいますが、難しいですね~

 

テント内の撮影は、苦手だな~

手前と奥とで明るさもコントラストも違うので、

両方を維持しようとすると、どうしてもハッキリしない仕上がりになります。

でも、人に歴史あり…

後ろにいる人がいつも犠牲というのは無いですからね。

集団を撮るときには、気を使いましょうというお話であります。

 

このところ、テスト撮影の実験台みたいになっている、

北九州市消防音楽隊の皆さんですが、いつもお世話になります。

知り合いがいなくてこれやってたらぶっとばされますね(笑)

 

ここ数年、行きつくところは人物撮影なのかなと思います。

(モデル撮影を除く…目線苦手)

無機物の表情とは全く違いますからね。

鍛えられます…

 

Tポイントが案外貯まるので、最近はYahooショッピングばっかりです。

 

お薦めです。

 

コストパフォーマンス高いですよ!!

 

何しろ重さがね。