北九州市消防音楽隊 in リバーウォーク 2018/7/4 α7III+X-T20

05/07/2018

お馴染み、水曜コンサート、撮ってきました。
台風一過でもっと涼しいかと思ったら暑い暑い。
しかも、演奏開始直前から晴れたり曇ったり…
確信持てる感度設定できないまま撮影開始~

キタキューティーズ X-T20+XC16-50mmF3.5-5.6 OIS Ⅱ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
一曲目が「Bittersweet Samba」…思わず乗ってしまいます。

リズムでシャッター切ってしまう困った曲です(笑)

 
次にキタキューティーズの演技があったのは、

「愛するデューク」…これもリズムに乗ってしまう曲。

フラッグの色が綺麗なんだけど、逆光に透けちゃうんですよね~

 
 
重いにも関わらず、α7IIIばかり持ち歩くので、

まだX-T20の使い方を把握してなくて、

ピントの精度が今一つです。

合わせたい所に合焦サインが出ず、

やむを得ずシャッター切った写真も結構あります…

キタキューティーズ α7III+EF70-300mm F4-5.6 IS II USM


 

 

 

 
「ハローファイヤーマン」とアンコールの「おどるポンポコリン」だけ

α7III+EF70-300mm F4-5.6 IS II USMでアップ気味に撮ってみました。

ちょっとシャッタースピードが低かったですね~

微妙に被写体ブレしてしまいました。

 
とにかく追うのが大変ですが、

挑んでみたくなるカメラなんですよね~

 
「おどるポンポコリン」の演奏聴いたの初めてかも。

なので撮影に必死でございました(笑)




バンドは定番α7III+EF70-300mm F4-5.6 IS II USMで


 

 

 
「ハンガリー舞曲第5番」「星条旗よ永遠なれ」「HANABI」と

バンド演奏のみの曲が続くので、あちこちから

α7III+EF70-300mm F4-5.6 IS II USMで撮影しました。

隙間から撮ってみました


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
いつもより多めに隙間狙いしました。

望遠らしい撮り方と言えば、そうですが

広角では撮れない撮り方なので気に入ってます。

主題がハッキリするのも良いですね。

この日の設定とか

先に書いたように、日が差したり曇ったりなので

感度設定に困りました。

特に、X-T20は操作に慣れていないせいもあり、

感度変更がすぐできず、結構悩みました。

 
シャッタースピードは1/250、絞りは5.6から9くらいで

ISOは、1600から1000を変えながら撮影しました。

 
 
ほとんどの写真でトリミングしていますが

α7IIIで撮影した写真は、

8倍くらいにトリミングしてもビクともしません。

ISO1600で撮影した写真でも、トリミング可能でした。

どれが大幅にトリミングした写真か判別できますか?

 
X-T20も少々のトリミングには耐えますが

α7IIIには負けます。

 
それよりもX-T20がすごいのは、発色ですね。

フィルムシミュレーション云々は驚きませんが、

自然なホワイトバランスをしてくれるので、

後の補正がほぼ不必要な事に驚きます。

予算があれば、X-T20でも望遠を使ってみたいものです。

(FUJINONは、SONY同様高いからなぁ…)

 
次回の撮影までに、

X-T20をもっとスムーズに使えるようにならなくちゃ…

 
しかし、ネット用に画像いじると色が随分変わります。

特に、肌の色がオレンジに傾き、全体的に濃くなってしまいます。

かといって、それに合わせて現像するわけにもいかず、

困ったもんです。(毎回、ガッカリ…)