NEEWER NW680/TT680 E TTL スピードライト キャノン対応

同じブランドである、NEEWER NW670と基本性能は同じですが、
ハイスピードシンクロが使えるこのNEEWER NW680も気になります。
価格も僅差なので、どうせ買うならという気にさせるこの商品。
実際の使い勝手はどうなんでしょう…

NEEWER NW680 主な仕様


ガイドナンバー: 58m/190ft (ISO 100, 105mm)

フラッシュモード:E-TTL Ⅱ、M、MULTI

左右回転角度:右90°、左180°

バッテリー:アルカリマンガン乾電池/ニッケル・水素充電池

ワイドディフューザーで14mm対応します。

またキャッチライトパネルも内蔵されています
(本体の発行部の上部に、広角ディフューザーと反射パネル内蔵)

照射角は、24、28、35、50、70、80、105mmです。

パッケージ内容

フラッシュ×1
ケース×1
ミニスタンド×1
取扱説明書×1

好評 NEEWER NW680

あまりに安いので、やはり評価が気になります。

あれこれ探ってみたのですが、

純正品に匹敵する評価をされているようです。


日本語の取説が無いのが難点ですが、

「カスタムファンクションがいっぱいありますので、細かい設定ができます。」

というのが頼もしいですね。

面白いのが、

「横に三脚穴があるのは、便利かもしれません。」

なるほど、オフカメラで使う時、役に立つかもしれません。


「迷ってどうしようかと思ってるならぜひ一本買ってみてはどうでしょうか?
ストロボ撮影の楽しさが判る商品だと思います。」

うーん、確かに。

純正品は、10倍以上の価格ですからね。

背中を押される気がします。



スポンサーリンク

NEEWER NW680の注意点

・TTLの精度は純正に一歩及ばない

それは仕方ないでしょう。

しかし、ストロボ自体、設定どおりの写り方をしてくれる方が少ないです。


・電池ケースの蓋を締める時に少しコツがいります

・電池を入れるところだけが、丁寧に扱わないと壊れそう

この声は非常に多かったので気になります。神経使わないといけないようです。


・AF補助光の点灯

機種によっては、AF補助光が点灯しないようです。

なかでも、EOS 80Dに関してAF補助光が点灯しないという記述が目立ちました。

ただ、あのAF補助光ってかなり邪魔な時が多いんですよね。

大きな影響は無いんじゃないかな~と思うのですが…


・スリープ機能をOFFする事が出来ない

これは困ります。

頻繁にシャッター半押しをしないといけないのでしょうか?

一度、スリープに入ってしまったらテストランプを押さないといけないというのでは

オフカメラでセッティングした時に大変困ります。

が、こういう記述がありました。


オートパワーオフの解除方法
1.バックライトボタンを長押し。
2.最初の画面で「Fn00-0」と表示が出たら、+ボタンを押し「Fn01-0」に変える。
3.SETボタンを押し末尾の0が点滅状態で、+ボタンを押し末尾を1に変更(Fn01-1)。
4.再度SETボタンを押してからモードボタンを押す(モードボタンを押さないで放っておいても約10秒後に通常画面に戻る)。

これで解除できれば、ほぼ問題は無くなります。

ストロボって結構バッテリーの消費が激しいので、

撮影の間隔が開く時は、こまめに自分でスイッチ切りましょう。


・耐久性がどのくらいかは、不明

確かにそうですが、純正品でも使用頻度次第でダメになります。

私は、550EXを2台ダメにしました。

コンデンサーがいかれるんですよね。

けれども、他の部分がすぐ壊れたという話もありませんし、

普通に使っている分には懸念する必要もないのではないでしょうか?


・連続撮影には注意
連続撮影するとバッテリーの発熱防止のため、

発光しなくなるようですが、時間を置けば復帰します。

むしろ安心設計と考えて良いと思います。

NEEWER NW680/TT680 総論

NW670同様、コストパフォーマンスは高いようですね。

壊れたら、買いなおせばいいというくらい安価です。

2~3灯必要でも、あまり財布は痛みませんし

最初の1台として購入を考えても敷居が低くて良いですね。

NW670とどっちがいい?

E TTL Ⅱ対応の点と、ハイスピードシンクロ対応の点が

NW670と異なる大きな点です。

正確な発売時期は不明ですが、

おそらくNW680の方が後発=新しいのかなと思えます。

となると対応機種も増えそうですし、

E TTL Ⅱ対応、ハイスピードシンクロ対応で1500円程度の価格差なら

NEEWER NW680/TT680の方を選んだほうが良いかもしれませんね。

基本的にマニュアルだけでしか使わない、ハイスピードシンクロ不要

とにかく安い方が良い…のであれば、NW670で十分です。

メーカー品は高額なので、購入が先送りされてしまうストロボですが、 E-TTL対応、GN58でありながら5000円そこそこ。 この価格なら、マニュアルのみでも多灯ライティングに使えますね。 仕様や評価はどうなんでしょう?


ワイヤレストランシーバーcacutus_v6と組み合わせるには

ストロボ2灯で3台必要ですが(送信1台、受信2台)

ストロボ本体が純正よりずっと安いので、買い替えを検討中です。

多灯ライティングの悩みは、機材に掛かる費用です。 メーカー間の互換性に問題もあるので、簡単にシステムを変えることもできません。 そんな悩みを払拭してくれるのが、ワイヤレストランシーバーCactus V6です。


NEEWER NW680/TT680のご購入はこちら(Amazon)
NEEWER NW680/TT680  E TTL スピードライト

ワイヤレストランシーバーcacutus_v6は、こちら
ワイヤレストランシーバーcacutus_v6(Yahooショッピング)
Cactus ワイヤレスライティングトランシーバーV6(Amazon)


13/02/2018