北九州市消防音楽隊 in リバーウォーク 2018/12/5 α7III

今年最後の水曜コンサート。
今日はどう撮ろうかなぁ。
お客さん多いのかな…
(写真はクリックで拡大、余黒クリックで元に戻ります)

「祝典行進曲」から「ひこうき雲」まで


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 祝典行進曲
  • ジングルベル in Swing
  • Bluesette
  • ひこうき雲
  • 今日は説明的な写真より、いつも撮りにくい位置のバンドメンバー中心に撮影しました。いつも以上に人出が多く「こりゃ困った」… 結果的にいつもと似たようなアングルになっちゃいました。

    「ジングルベル in Swing」では、ビブラフォンとアルトサックスのソロが。 事前に両方が撮れる位置にいたつもりでしたが、なんと!なぜかグロッケンをビブラフォンと間違えていて、いざソロに差し掛かって勘違いに気付く有様。前の奏者がしゃがんでくださったのでなんとか撮れてます。他にもビブラフォン演奏中の写真撮りましたが表情が楽しげだったのでコレ使いました(左側の白いボケは観客の頭です) また、アルトサックスの方はキタキューティーズと重なることを考慮に入れてませんでした。うーん未来予想が甘いですね~ しかし、他に撮れるポジションは無かったろうな~

    「ジングルベル in Swing」の振り付け、楽しげで良かったな~ もう一回撮れるかな…

    「ひこうき雲」はいつもと違うフラッグさばきの写真を掲載しました。 (ただいまいつもと違う撮影法の模索中~)




    「ニューシネマパラダイス」からアンコールの「燃えろみんなの北九州」まで


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • ニューシネマパラダイス
  • Show me your firetruck
  • また逢う日まで
  • アンコール 燃えろみんなの北九州
  • 前半でバンドの写真は撮ってしまったので後半はキタキューティーズ多めです。

    立ち見の人も多いので正面を外しましたが、横過ぎましたね。後ろの人と重なっちゃうほど横にまわらなくても良かったようなものですが、いつも以上にお客さんが多くて、場所を探しているウチに次の曲が始まっちゃいます。何回も撮影していますが、毎回現場の状況が違いますからね~ イベントってつくづく難しいと思います。

    「Show me your firetruck」は、笑顔無しの真剣な表情での演技が良いですね。「燃えろみんなの北九州」と合わせて結構枚数撮ったんですけどね~

    撮影しながら個々の楽器の音が聴こえてくるのですが、そう簡単に位置を変えるわけにいかず、毎回悔しい思いをしてます。 もっと身軽に動く方法って無いもんですかね~(お客さんいっぱいいるし、無理か…)

    SONY α7III、フォーカスエリア選びで苦戦してます

    いっぱい枚数撮ったと言いましたが、今回314枚撮ってます。同じアングルでピント位置を変えたものとか演奏しているところとしていない写真などで枚数が多いのはいつもの事ですが、このところフォーカスエリア選びのテスト中です。

    バンドの撮影時は、フレキシブルスポットで全く問題ないのですが、キタキューティーズの撮影時に悩みます。

    「ワイド」に設定すると動きに強そうですが、完全にカメラ任せになるわけで、画面の構成上「そこにピント置かれても困るんですけどねぇ」って事態が頻発します。「なんでそこなん?」です。アウトフォーカス量産になります。

    次の策が、地面に置きピンです。明るいところなら被写界深度でなんとかピント拾えますが、せいぜいf8までしか絞れないし動きの速いキタキューティーズを追っているとフォーカスを定めた位置が画面構成上ずっと同じことの方が少ないので結局エリアをしょっちゅう移動することになり画面に集中できません…

    結果的にフレキシブルスポットを頻繁に動かしながらの撮影になり、タイミングを犠牲にするしかないのかなぁということになってしまいます。

    今回アンコールの「燃えろみんなの北九州」で「ワイド」を使ってみましたが、なんとずっと向こうのお客さんを顔認識したりしてアウトフォーカスを量産。曲中の2/3が使えない写真と相成りました。無機物と違って人間や動物はキッチリピント合ってないと納得できないんですよね~

    現在使用中のSONY α7IIIは、色々なフォーカス設定があるのでコントロールホイールやロックオンAF等トライ&エラーであれこれ試していきたいと思ってます。

    とにかく、「明るくない場所」「速く動く」「人物」この3条件を難なくクリアできれば他の撮影は楽にこなせるはずだとつくづく思います。(サッカーとかバスケットボールなどの球技を撮ってるカメラマンってどうやってるんだろう?物撮り中心でやってきたからわかんないや)

    キタキューティーズの皆さんの演技撮っていると指先まで神経が行き渡っているのがよくわかるだけに、「おお!」と言われる写真の方こそ量産したいものです。

     
    年内の「水曜コンサート」は今回で終わりですが、18日に県警との「安全・安心合同コンサート」があります。皆さんお楽しみに!(それまでにフォーカシング方法なんとかしなきゃ)