北九州市消防音楽隊 in 小倉競馬場 | α7III+Sigma MC-11

30/04/2018

小倉南区子どもまつりが小倉競馬場で開催され、
その中での、北九州市消防音楽隊の演奏を撮影して参りました。
音が散ってしまいそうなものですが、実に良い音でしたよ!
機材は、SONY α7III+Sigma MC-11+CANON EF70-300F4-5.6 IS II USMです。

バンドから

一曲終わって、ご挨拶





角度を変えて撮影

 
まだ月例のコンサートが無いので久しぶりな上、

機材がガラッと変わったのでどうなるやらと思いましたが…

今日に関しては、とりこし苦労でした。

快晴で順光という好条件ですから当たり前ですが、

驚くほど良く撮れました。

 
最近は、ネット投票ばっかりなので久しぶりの小倉競馬場です。

小倉競馬は、寒い時と暑い時の開催だし…

パドックに入れるのは、馬主と関係者だけなので羨ましいな~

芝生の緑が綺麗なこと!

キタキューティーズですよ











 
近づいて下で撮ると前後が重なってしまう確率が高くなるので、

段の中段あたりから撮影しました。

おのずと距離が遠く、300mmにしても中途半端なので

全体的に撮影してみました。

まだ追うのに慣れてないし…

 
それにしても、顔認識の正確なこと!

被写界深度もf9前後まで稼げたので、

合焦した人以外にもピント合ってます。

 
柵にしがみついて見てる子が笑えます。



スポンサーリンク

トリミングにも耐えます




 
補正中に拡大することは良くあるのですが、

別々にトリミングしたらどうなるかな?と思って、やってみました。

バンドの写真も、トリミング加えていますが

上の三枚、比較していかがでしょう?

実質、5~600mm相当になっていると思います。

100点とは言い難いですが、相当なものです。

ブログの写真は、かなり軽くしているので

画像情報が省かれているのが残念です…

フルサイズの面目躍如です。

 
安心して表情を追えますね~

EOS Kiss Mとα7III

EOS Kiss M

α7III



 
さて、わからないのが上の写真です。

EOS Kiss Mとα7IIIで同じように撮影したものです。

全体写真ではわかりにくいと思いますが、

100%で比較すると解像感の違いが良くわかります。

EOS Kiss Mの方、もっと精密にピント合わせすれば結果が違ったと思いますが、

この好条件下でこの写り方は無いなぁと思います。

それとも、ここまで求めてはいけないのかなぁ…

もっとも、カメラの価格差は大きいですが。

補正、現像とか

EDIT、まだ使っていません。

SDカードからHDDに保存後、

ADOBE DNG コンバーター→ADOBE Lightroomで補正現像してます。

アンシャープマスクは、効果がわかるかわからない程度です。

ノイズは調整する必要がほとんどありませんでした。

全体的に明るさプラスの補正が必要だったのですが、

そうなると芝生も白っぽくなるので、

HSLで芝生の彩度を上げてます。

(イエローを上げすぎてユニホームの色が変わらないように抑え気味にしてます)

 
やっぱり慣れたアプリがいいなぁ。

EDIT使ってみるのはいつの日か…(笑)

今回は

新人さん写真を多めに貼らせていただきました。

北九州市消防音楽隊のコンサートは5月から回数が増えます!

間近で生の音を聴いたり、

キタキューティーズの演技を見るのはとても刺激になります。

北九州市の公報に、演奏予定が出ていますので、

ご確認の上、是非足を運んでみてください。