ピアノ&ファゴット、アルトサックス 図書室カフェITOH α7III

11/09/2018

今日は、天気が悪かったにもかかわらず、
満席になりました。
奥平さんの相方、明永君のファゴットは久しぶり。
どんな演奏になったかな?

ソロピアノ


 

 

 

 

 

  • Memory
  • September in the rain
  • めぐり逢い
  •  

    「Memory」の説明は割愛(笑)

    「September in the rain」は、フランク・シナトラが一番有名なのかな?サラ・ボーンらの有名どころが歌ってる有名な曲で、タイトルに記憶は無くとも、聴けばわかるって曲です。

    「めぐり逢い」、同名の映画とは関係ありませんが、どこかBGMっぽいですね。 知ってるけど、タイトルを覚えてない曲でした…

    そういう曲がいかに多いか、毎回思います。

     

    ここでの撮影分は、毎回アンバーに振って若干暗く現像してます。 実際は、もっと暗いんですけど、そこまで暗くするのも意味がないのでこのくらいに抑えてます。

    4枚目は、通常の補正~現像です。

    ファゴット&ピアノ


     

     

     

     

     

     

  • Moon river
  • Por una cabeza(首の差で)
  • Tango pour Claude(クロードのためのタンゴ)
  •  

    ここから、明永君が加わります。

    久しぶりに彼のファゴットを聴きましたが、安定してますねぇ。 何度か彼の演奏を聴かせてもらったので、ファゴット自体は目の前で見ましたが、チューニングが大変なんだという事は知りませんでした。

    耳が良くないとね~

    いつものここでの演奏と同じく、楽器の説明も聞かせてくれましたが、スリムな楽器ではあっても、重いそうですね。

    演奏するのも大変だ~

    曲に合わせて、リードを交換してましたが、細長い管体にこれまたリードが細い!

    とても音が出るものとは思えないんですよね~

    ファゴットって綺麗だなといつも思うんですが、見たことある材質だと思ったら、メープルなんですね。楽器に向いた素材なんでしょうね。木目が綺麗です。



    スポンサーリンク

    サックス&ピアノ


     

     

     

     

     

  • It’s only a paper moon
  • Fly me to the moon
  • Your song
  • Lovin’ you
  • 愛のテーマ ( 映画『ニューシネマパラダイス』より)
  • 孤独の歳月(Years of solitude)
  •  

    ここから、ピアノが明永君に換わって、奥平さんがアルトサックスを演奏します。 もう何回も聴いたサックスですが、随分音が変わったことに本当に驚きました。

    明永君のピアノも良かったな~ ピアノの方もまた聴きたいです~ 二人が二つの楽器を演奏できるということで、バリエーションが拡がります。

    今日は、奥平さんの元同僚で前回ここで演奏してくださった小柿さんと、同じく同僚で3月に演奏してくださった安原君も来店してました。

    聞けば、小柿さんと明永君は一緒に演奏したことがあるそうで、ちょっと驚いてしまいました。

    一番手前は、朗読の中嶋さん。音楽と朗読の話など色々お話できました。

    料理を取り分けていらっしゃるのは伊藤さんです。

    おいしいよ~!ワインに良く合うらしいのですが、下戸の私は飲めないのが残念です。

    アンコール September


     

     

    アンコールは、Earth, Wind & Fireの超有名曲「September」です。

    もう9月なんですよねぇ…早いなぁ…

    この曲を連弾でどう弾くのかなと思ってましたが、なるほどね~みたいな。 楽譜読めるわけじゃないので詳しくはわかりませんけど、息が合うというのはこういうことなんでしょうね。見てて楽しそうで、羨ましい限りです。

    写真じゃ、こういう事はないですからねぇ…

    おまけの一枚(笑)

    演奏予定は随分前から聞いていましたが、あっと言う間でしたね。

    奥平さんのアルトサックスも久しぶりに聴けたし、また聴きたいデュオコンサートになりました。

    曲の話がグダグダで済みません。ヘタな話しできないので、タイトルだけです。

    気になった方は、是非足を運んでみてくださいね。