小倉城の桜 α7III

ちょっと日にちが経ちましたが、
先日、小倉城の桜を撮ってきましたので
記事にしてみました。(3/30撮影)
今年は、天気に恵まれないなぁ…
(写真はクリックで拡大、余黒クリックで元に戻ります)

小倉城と桜


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今年は、ソメイヨシノの開花のタイミングや天気やらが悪くてロクな写真が撮れてません…

普段の行いかなぁ・・・

 
小倉城には、立派な松があるのは知っていましたが、桜がそんなにあったかなぁという印象だったので何となく行ったようなものですが、結構あちこちに咲いてるんですね。この後、門司港での北九州市消防音楽隊の演奏があるのでどうせならと立ち寄ったのですが、人出も多くてちょっと驚きました。 聞こえてくるのが日本語だけじゃないのも驚きです。ローカルとばかり思ってましたが、何で人気になるかわからないものですね~

 
しかし、いざ撮ってみるとベタな写真になってしまいますねぇ…

なんというか、撮ってて恥ずかしくなってきてしまいました。




アップがちに撮ってみました


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロガネモチ???コントラストが綺麗

 
というわけで、アップがちにも撮りました。

別に、ここで撮らなくてもいいじゃんと思わなくもないですが…

 
ソメイヨシノって面白いですね、遠くから群で見ると桜色なのがハッキリわかりますが、近寄ってアップで見るとずっと白に近いんですよね。なんだか別の花を撮っているような気になります。

どこの桜かわからなくなっちゃうけれど、やっぱりアップの方が好きかも。

枝をつまんじゃダメ!

さて、アップで撮りたいからとはいえ立ち入ってはいけないエリアにズカズカ入り込んだり、インスタ映え(?)のために枝を顔に近づけてみたりするのを時々みかけます。常識としてエゴでそういう行為に及ぶのは御法度です。

まして、枝ごと折ってしまったり花を摘んでしまうのはもってのほかです。

そうまでして「いいね!」が欲しいんでしょうか?そうやって撮った写真は必ずバレます。

というか、誰かがやった写真を真似たところで良くもなんともないんですがね。

二番煎じって言葉、知りません?

絞りの失敗?

時間の割に暗くて安心できる露出ではなかったので結構切り詰めたのですが、花の撮影で絞りを開けすぎるとあんまり綺麗じゃないですね。

アップの時には、主眼がわかっていいんですが、広く撮る時にはもうちょっと絞った方が良いですね。因みにf5.6~6.3で撮影しましたがf8くらいにはした方が良いようです。どこかにピントは合っているんですが、花の1つ1つのエッジにキレが無いせいかボンヤリした感じになってます。(花というより綿みたい…)

かといって、シャッタースピードを下げ過ぎると風で枝自体が揺れてブレてしまう場合もあり注意が必要です。

こう考えると、やっぱりある程度感度を上げてもそれに耐えられるカメラが必要です。

花の写真でカラーノイズはキツいですからね、α7IIIありがとう(というほどの感度には上げてませんけど)