フルムーン夫婦グリーンパスでGO ここに注意!

28/02/2019

10年前に利用したフルムーン夫婦グリーンパス。
サンライズ出雲に乗りたくて、再び旅行を決定しましたが
細かい注意点がありますので、ここにご紹介しました。
44歳超えたら要チェックですよ!

フルムーン夫婦グリーンパスとは?


フルムーン夫婦グリーンパスは、1981年10月から発売された切符です。なんと国鉄時代から続いているんですねぇ。

この、フルムーン夫婦グリーンパスとは、二人あわせて88歳以上の夫婦が利用できる切符です。

例外はありますが、JR全線のグリーン車や普通車指定席が何回も使える便利な切符です。遠距離になればなるほどお得になり、新幹線網の発達した今なら時間が許せば日本一周も可能です。

夫婦のうちどちらかが70歳以上の場合は、さらにおトクな「シルバー用」もあります。

「青春18切符」は、長距離普通列車が激減した今、利用機会が減ってしまいましたが、フルムーン夫婦グリーンパスは夫婦の年齢が合計で88歳以上なので歳の差婚の夫婦も要チェックですよ~

新幹線は「のぞみ」「みずほ」以外になりますが、かなりの距離を移動することが可能です。長距離を行ったり来たりするほど普通席指定券+特急券を普通に買うより安くなるはずです。

一般
5日間 82,800円
7日間 102,750円
12日間 127,950円
シルバー
5日間 77,800円
7日間 97,750円
12日間 122,950円

フルムーン夫婦グリーンパスの発売期間と利用期間

残念ながら1年中購入できる切符じゃありません。

毎年同じ期日とは限らないかもしれませんが発売期間は、9月1日~5月31日です。

こちらも毎年同じではないかもしれませんが、利用期間は10月1日~6月30日です。

また、その期間中でも12月28日~1月6日、3月21日~4月5日、4月27日~5月6日は利用できないという縛りがあります。多客期は使えませんよということですね。(夏は購入もできないと考えて良いですね)

今回予定の旅行も、最初は3月21日からを予定していましたが、見事使えない期間だったので慌てて1週間前倒ししました。

年をまたぐのでわかりにくいですが、事前に発売・利用できる期間を確認する必要があります。

また、5日間用から7日間用への変更など期間の変更はできません

フルムーン夫婦グリーンパスで利用できる列車・座席タイプ

ここも注意が必要な点がいくつかあります。

まず、「のぞみ」「みずほ」には使えません

グランクラス・グリーン個室・A寝台・A寝台個室・B寝台個室は、特急料金とグリーン料金や寝台料金が別途発生します。

「のぞみ」「みずほ」を利用するには、丸々別に切符を買わなければなりません。ちょっと時間がかかりますが、「ひかり」「さくら」を利用することになりますね。せっかくのグリーン車ですからゆっくり乗るのも良いのではと思うことにしていますが、今時、古臭いサービスですねぇ。

また、グランクラス・グリーン個室・A寝台・A寝台個室・B寝台個室は、料金こそ別途必要になりますが該当する車両が連結されている列車は長距離運行の列車が多いので乗車券分はパスに含まれているのでそれほど痛いものでもありませんね。私のようにわざわざ寝台列車に乗るのでもない限り追加料金が必要な方は少ないのではないでしょうか?(でもグランクラスやグリーン個室は魅力ありますね)

レアな列車は、1ヶ月前に!それ以前の予約はできません!

指定券は、1ヶ月前の10時から発売開始となりますが、かつてはそれより前に「指定券申込書」を「みどりの窓口」に提出しておいて、10時に切符を取ってもらうこともできましたが、今はそれができません。

なので、席数の少ない列車や人気の列車を利用したい場合には、1ヶ月前の10時前に「みどりの窓口」へ行かなければなりません。会社勤めの方は、事前に窓口で交渉するしかないのでしょうか?もうちょっと融通利かせてくれても良さそうなものですが、転売屋が暗躍している以上しかたないのかもしれませんね。前もって窓口で最善策を聞いておくことも大事かもしれません。 また、「みどりの窓口」ではなく旅行会社だったらどういう対応になるのかなぁとも思いました。

例えば、5日間の旅程の場合、5日間10時に「みどりの窓口」へ行くなんて不可能ですからねぇ。

ネット予約が使えないフルムーン夫婦グリーンパス

であれば、ネット予約を使えばいいじゃないかと思いますよね?

ところが、フルムーン夫婦グリーンパスには特急料金やグリーン席・指定席料金が含まれているのでただ単に席だけ取るということができないんですねぇ。

このご時世に、フルムーン夫婦グリーンパス適用の選択肢があっても良さそうなもんですが、なんかハードル上げたい力が働いているのでしょうか?駅で長時間窓口を占拠してしまう後ろめたさを利用者に感じさせるってどうなんだろうと思うのですが…

フルムーン夫婦グリーンパスを駅員が意外と知らない

最悪なのが、駅員がフルムーン夫婦グリーンパスのことを理解していないことです。

最初にフルムーン夫婦グリーンパスを購入して、次の日以降は、フルムーン夫婦グリーンパスを見せて切符予約する形になります。

が、先日窓口でフルムーン夫婦グリーンパスを提示して切符の申し込みをしたところ「お1人様ですか?」と訊かれました。これには唖然としました。

こういうことを訊いてくるので嫌な予感がしたのですが、発券されたのが普通席の指定券!都合2回「フルムーンパスですから」と説明する始末です。

こんな有様なので、レアな列車の予約を取る場合にはこちらが該当する列車のことを熟知していないと、やりとりしている間に席が埋まってしまうこともあります。(実際そうなりました。10時5分で埋まってしまいました…代わりの席、高くついた…)

その他に大事な事

フルムーン夫婦グリーンパスは初日に支払いとなります。代替えの無い列車の場合は、旅行そのものが成立しなくなってしまう場合もありますから、念には念を入れる必要があります。大体初日に長距離の移動になると思いますが「サンライズ」なんかは緊張しますよ~

また、夫婦の年齢を証明するものが必要となりますから、「運転免許証」や「保険証」を必ず持参してください。

こんなクーポン券もあります

旅行は宿泊も考えなければならない場合がありますが、お得な割引クーポンがあったりします。

つぶさに探せば、安い宿泊先も見つけられるので時々お世話になってます。


 

特にYahoo!プレミアム会員は必見ですよ。

 
波乱はありましたが、5日目の駅員さんはベテランだったらしく「今日で全部ですか?」「良いご旅行を」と言っていただけてホッとしました。

あとは、晴天に恵まれることと列車が大幅に遅れないことを祈るばかりです。

あと半月かぁ…ドキドキします~

 
旅行記はこちら (1日目)
https://visual-sakura.club/fullmoongreenpass_go_to_izumotaisha