EOS M5でスズメのリモート撮影

06/05/2017

スズメが好きで、ちゃんと撮りたいと思うのですが、
どうもうまくいかないので、時々ウチに来るスズメを
EOS M5でリモート撮影してみました。

なんとか撮れた~かな?

不満だらけですが、今までの写真に比べたら…



欲張り~頭と同じ大きさじゃん

アップにも耐えます?

何です?

ん~と…

つんつん

EOS M5のリモート撮影

私が立ってるとスズメが寄ってきませんからリモートをあれこれ試しました。

一番最初に試したのは、WifiでiPODを使っての撮影です。

手元でモニターできるので便利なのですが、

反応がワンテンポずれるんですね。

飛び去ってからシャッター切れたりとか…

一番困ったのが、スリープです。

ずっと待ってる間にスリープに入ってしまい、

スリープ解除すると、設定からやり直さないといけないのです。

やってられません!

 

次に試したのが、ワイアードリモコンです。

コイツは、一番確実に撮影できます。

しかし、ケーブルが短くて私が動いたのに気付いてスズメが逃げてしまうのです。

延長ケーブルを使おうと考えてもみたのですが、

2.5φの延長ケーブルなんて持っていませんから、廃案です。

 

最後に使ったのが、無線リモコンです。

昔のEOSに着いてきたRC-1というリモコンです。

これがまた曲者で、

撮れたり撮れなかったり…

リモコン受光部が前にあるのが問題かと推察できます。

家族写真でのリモコン撮影を考えているのかもしれませんが、

そういう使い方の方が少ないと思うのは私だけでしょうか?

撮影できても、若干のタイムラグがありますし…

一番良いのは、ワーアードリモコンの延長ですかね~

あんまり使う事無さそうだから、後回しです(笑)

 

今回は、例の三脚を一脚として使い、ブラケットマウントを使って

ガラスギリギリに近づくように、傾けて撮影しました。


 

もうちょっとカメラを高く設置すれば、

繊細なピント位置調整ができたと思うのですが、

全部、前ピンでしたね。

ワイアレスリモコンは、即シャッターリリースなので、

置きピンしかできないというのは困ったものです。

 

もっと簡単に手元でモニターできれば良いんですが、

それも意外と面倒ですね。

タブレットでリモートしようと思ったら、

PCにはアプリが無いんですね。

OVF機のアプリはあるのに、なんとも情け無い…

わざわざモニター買うのもなんですねぇ…

HDMIの太いケーブルつなぐ気にもなれませんし。

 

最近の電子機器って、意外な事ができなかったりするので

使ってみないとわからないこと結構ありますね。

 
 

今回、撮影で助かったのがこれです。


Andoer 油圧 三脚 三本足 スタンドブラケットマウント 六角ナットドライバ付き 折り畳み式 コンパクト 省スペース 調節可能 1/4″一脚用