cr2.(RAW)ファイルが開けない ?

29/05/2017

先日、raw現像について疑問を持つ記事を見たので、
改めて、rawファイルと現像についてお話したいと思います。
JPEGは、取扱いは簡単ですが融通が利かない、rawは取扱いは面倒ですが補正できる範囲が格段に拡がります。

dngに変換してはいけないだって???

ビックリしました。
確かに、dngに変換してしまったらrawには戻せませんが、rawファイルを削除しなければいいだけの事です。
dngに変換してはいけないと書かれていたのでビックリしました。
変換=書き換えではありませんので、勘違いしていると思われます。

 
「dng」とは、AdobeのPhotoShopやLightRoomでrawファイルを開く時に必要なファイル形式です。
rawファイルを直接開くのではなく、変換したdngファイルを開くという事で、中間ファイルと言えるでしょう。

rawファイルでの撮影・保存は、ほとんどのカメラメーカーで利用できるファイル形式ですので、
(rawではなく、最初からdng形式のメーカーもあるようです)
rawファイルの有効性と合わせてもうちょっと、詳しくお話しますね。

rawファイルとは?

以前の記事でもお話ししたのがこちらです。

rawのすすめ

CR2(RAW)ファイルをAdobe Lightroomで開くには

 
ごく普通に、写真撮影時に使われている保存形式は「jpeg」ですが、
たまに見る、「間違ってrawで保存してしまいました」というように登場するraw形式とは、jepgファイル生成前の「生」データの事です。

詳しくはこちら RAW画像

細かい事はともかく、実際に扱ってみるとraw→dng→jpegの方が補正時の無理がききます。
ほとんど真っ黒みたいな写真の場合、jpegからの画像補正だと階調や画質の大部分が犠牲になりますが、raw→dng→jpegだと結構なんとかなります。

私も、以前は「jpegでいいじゃん」と思っていましたし、各カメラメーカーも独自の撮影エンジンを搭載して、綺麗な写真を生成するようになってきましたが、完全逆光のような極端な環境で撮影したときなどは、補正しようがない結果になるようです。

最近では、「プラス2/3絞りだったな…」と思いつつも、撮ったままにしてしまい、Adobe LightRoomでの補正に依存してます。

確かに、手間は手間です。
昨日、raw198枚のファイルを撮影したところ、HDDへの保存に8分、dng変換に17分掛かりました。

もちろん、マシンパワーによる違いはあると思いますが、dng変換という手間は、明らかに増えてますからね。

しかし、大元のファイルに触っていない安心感は違います!

各カメラメーカーのrawファイルと無償アプリ

ちょっと調べてみましたが、ファイルネームで調べても検索結果が1ページ目に出てこないなど、
カメラは売るけど、その後の事はボチボチというメーカーが多いですね。

 
・ソニー(Sony):ARW、SR2、SRF
主なアプリ
・カシオ(CASIO):DNG
主なアプリ?
・キヤノン(Canon):CR2、CR3、DNG
主なアプリ
・富士フイルム(FUJIFILM):RAF
主なアプリ
・ニコン(Nikon):NEF、NRW
主なアプリ
・オリンパス(OLYMPUS):ORF
主なアプリ
・パナソニック(Panasonic):RW2、RAW
主なアプリ
もしくは
・ペンタックス(PENTAX):PEF、DNG
主なアプリ
ざっとこんなところでしょうか?

以前、パナのrw2を現像してみようとしていろいろ調べた時、
SILKYPIXが出てきましたが機能限定がどうのこうのと、面倒な事があちこちの記事に書かれていて、アプリをダウンロードしないまま放置していました。
市川ラボの製品で、カシオ、富士も使っているようですが、機能限定ではないSILKYPIXが有料であるならば、LightRoomを使おうという事になりました。
(ちなみに、パナのrw2ファイルのLightRoom現像は簡単にできました)

 
ざっと見てこれだけアプリがあり、メーカーごとの特性を盛り込めるか否かで賛否が分かれるようですが、それが却って邪魔に思えます。

rawからdngへ変換

LightRoomでもrawファイルのバージョンによっては、そのまま開けない場合がありますので、
dngファイルに一度変換する必要が発生します。

過去記事でも話しましたが、同じキャノンのcr2ファイルでもEOS Kiss x6iまでは開けていたのに、EOS 80D、EOS M5に買い替えたら開けなくなりました。
そこで必要になるのが、Adobe DNG Converterです。

Adobe DNG Converterでrawからdngファイルへ

私の場合で恐縮ですが、
まず、SDからHDDにコピーするのですが、HDDの静止画フォルダ内に
日付と内容(撮影場所とかイベント名で)で名前を付けたフォルダを作ります。
さらにその中に、「raw」「dng」「jpeg」それぞのフォルダを作ります。
その上で、SDカードから「raw」フォルダにファイルを読み込みます。

次に、Adobe DNG Converterを起動します。

Adobe DNG Converter の使用方法

(ダウンロードは、過去記事にもリンクがあります)

1.起動したら、「①の変換する画像を選択」から「フォルダを選択」をクリックし
先ほどSDカードから読み込んだフォルダを選択します。
(変換したいrawファイルの入ったフォルダを選択します)

2.「②変換した画像の保存先を選択」から「フォルダを選択」をクリックし
先ほど作った「dng」フォルダを選択します。

3.③④はいじってません。
もし③の「ファイル拡張子」が「.dng」になっていなかったら、「.dng」にしておいてください。

4.準備ができたら下の「変換」をクリック。
少しすると変換が始まります。

 
変換したいrawファイルの入ったフォルダを選択し
変換したdngファイルを保存するフォルダを選択し
「変換」をクリック…それだけです。
変換が終わったら終了をクリックしてください。
(変換が終了しても自動で閉じません)

.dngとAdobe LightRoom

LightRoomで開く方法は、こちらに書いてます。

写真の補正が終わったら、
「ファイル」→「書き出し」を選択、開いたダイアログで
「書き出し場所」の「書き出し先」を「特定のフォルダー」にして
その下の「フォルダー」に先ほど作った「jpeg」フォルダを「選択」して
「書き出し」をクリックすれば、
現像されたjpeg画像が選択した「jpeg」フォルダに保存されます。

 
dngに変換してはいけない理由はどこにもありません。
rawファイルとdngファイルは、別々に保存されてますから、
書き換えられてしまう事はありません。

また、間違って同じフォルダを指定してもファイル拡張子を「dng」にしておけば、
別々のファイルになりますから、rawファイルの方が書き換えられてしまう事はありません。

HDDの容量が気になる方は、jpegへ現像した後、rawファイルの入ったフォルダを残しておけば、
dngファイルのフォルダを消去しても必要な時に再度変換すればLightRoomで開けます。(面倒ですが…)

 
ただ、rawファイルは種類(バージョン)によってはwindows上でダイレクトに画像確認できるようにするのが面倒で大変不便なところですね。
最近は、手順に慣れてしまった上、キャノンの場合はDPPを使えばダイレクトに確認できるので不便は感じなくなってきました。

 
このような、自社アプリの有無もメーカーによって違いますのであらかじめ、確認しておく必要があると思います。
それが調べにくいメーカーをわざわざ使うというのも疑問がありますが…

 

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版


Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応