北九州市消防音楽隊 in リバーウォーク 2017/09/06

07/09/2017

今回は、ガード隊以外の方々を極力正面から撮影してみました。
ここはとても暗いので、毎回設定に苦労します。

ちょっと前からキャノンのDPP4を使い始めましたが、
今回も、DPP4のみで補正現像してみました。
(全ての写真はクリックで拡大されます。余黒クリックで元に戻ります)

まずはキタキューティーズから

演奏前のワンカット


グループが変わるとフラッグの色も変わるんですね

これはこれで良いんだけど、150mmじゃソロが撮れない…

キタキューティーズの演技がある曲は、

若干、光の入ってくる右側から撮影しました。

とはいえ、色々な光が混ざっているので、補正に苦労します。

基本的に、肌の色を自然に再現しようとはしていますが…

画像を見るアプリで色再現がかなり違うのでガッカリします。

Google Chromeはまともですが、Windowsフォトビューアは、色が違ってきます。

 

EF-M 18-150mmを使ったのですが、150mmではソロは撮れませんね。

中途半端な寄りになってしまい、元も子もありません。

やはりカメラ2台体制じゃないと厳しいな~

正面から撮ったけど…


前列の人は、正面からの撮影回数が多いので

後列の人を70-200+EXTENDERで撮影してみたのですが、それでも遠いですね~

35mm換算で448mmということになりますが、それでも遠いとなると

スポーツの国際大会で使うような大砲が必要になっちゃいますね…

現実的じゃないなぁ。

それとも、本格的に航空ファンになるか(笑)

パーカッションは遠いので

トリミングはこれが限界


パーカッションは、正面から撮ろうとすると最も遠いので

開き直って後ろから撮っておきました。

まぁ、こういう写真をわざわざ撮る人もいないでしょうし、

記録にはなるでしょう…

(言い逃れ)

 

普通に撮っておかないと…


必ずしも3人とも吹くわけじゃないんですね。
両側2人の表情が良いですね~

 

トロンボーンとトランペットも正面から撮るには撮ったのですが

どうにもこうにも…

まともな写真も撮っておかないとと思いまして

いつもの撮り方しました。

 

最近、広角~標準レンズでボケがボケがという話を見ますが

なんとも不思議な話ですね~

望遠使ったら嫌でもボケます。

それどころか、合って欲しいのにピントが来ないなんてザラです。

私は、むしろ、じゃんじゃん切り取ってしまうのが好きなので

望遠は手放せませんね~

広角ってパース軽減するのに苦労するから、28mm相当で十分かなぁ…

キタキューティーズに〆てもらいましょう


今回も、連写は使いませんでした。

一瞬のブラックアウトが大嫌いです。

ヘタに連写すると、撮影を止めたときに良い瞬間が来るかもしれませんから。

ただし、ずっと追い続けるのには根気がいりますね~

極力、人同士が重ならないように

フラッグ等が顔に重ならないようにファインダー覗いてますが、

かなりの確率で、1人かわいそうな人が出てしまいます。

4人いっぺんに見るって難しいものですねぇ~

キタキューティーズの皆さんは、屋外の時の方がブレずに撮れるので

その時に頑張りましょう(笑)

 
 

この日は、知り合い以外にもご挨拶やお礼を頂きまして

帰宅後、補正に7時間を費やしましたが大変嬉しい一日となりました。

どこまで喜んで頂ける写真に仕上げられるか楽しいですからね。

最初は、動画で撮ってましたがやっぱり写真かな~

ご希望でしたら演奏前後の撮影もOKです。

お近くのやまさんまで気楽に声掛けてくださいませ(笑)

DPP4について

123枚の補正に7時間掛かったのは、前回ちょっと述べた通り、

DPP4の動作が重いからです。

LightRoomの倍以上掛かってます。

疑問山積なので、前回の記事と合わせて

記事を書き直したいと思います。

少々お時間くださいまし。