Live撮影 in Casablanca ’18 8/18 α7III

19/08/2018

今日は、ベースもピアノも久しぶりの方々だったので
「おお!」と思って聴きに行ってきました。

新規購入、FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSの使い勝手はどうかな?

“Live & Session” 舛屋良平さん


 

 

 

 
Casablancaではお馴染みの、テナーサックス奏者の舛屋良平さん。

JAZZのサックスはこうじゃ~みたいな音じゃないので、

全く聴き疲れしないんですよ。

陽気な人柄とあわせて、お気に入りです。

 
素人考えだけど、

アルトサックスだったらどうだろう?と思うことも…

前田幸美さん


 

 

 

 
写真を撮らせていただくのは、3回目?

楽しそうに弾くところが印象的です。

 
楽譜読めないから上手く言えないけれど、

随所に好きなコードが入ってくるんですよ~

痒い所に手が届くというかなんというか…

低い音から高い音まで幅広く使うところがさすがだなぁ…

 
ピアニストさんって、

正面から撮る機会ってまずないので

横顔ばっかりですよね~。

 
前田さんのピアノ、

すっかりお気に入りになってしまいました。

また時間見つけて聴きに(撮りに?)行かせていただきますね。



スポンサーリンク

鷹村”toco”さん


 

 

 

 

 
もう長い付き合いですね~

おしゃべり始めちゃうと止まらなくなっちゃうよね~

 
近距離でベース聴いたのは久しぶりかな。

よく知ってるからと言うんじゃなくて

やっぱり好きな音出してくれますね~

 
以前から撮り甲斐ある人なんだけど、

今日はカメラ意識してしまったそうで…

撮影しながらそれがわかったので、

「ありゃ、申し訳ない…でも面白いな」

などど思いつつ撮影しました。

 
女性陣は浴衣なんだけど、

趣が変わって良いと思いません?

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS


 
セカンドステージは、一般参加ありで、

ドラム、ボーカルが加わってのセッションでした。

帰りの時間の関係で最後まで居られなかったのが残念です。

 
 
さて、今日から新しく

ソニー純正!FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS(SEL24240)を使い始めました。

高いし重いので、購入をためらってましたが、

カメラ2台体制にすることを考えれば、ペイできてしまうし

ファインダーを覗いたまま、

24mmから240mmまでタイムロス無く撮影できるメリットは大きいです。

決して軽いとは言えませんが、

MC-11を付けたキャノンレンズとの重量差は僅差になります。

カメラとの重量バランスが取れてホールドしやすいですよ。

 
さらに、純正レンズなので制約が無くなって、

フォーカスモードは全部使えるようになり、

オートフォーカスしてくれる領域も

α7III本来の広さになったのは何よりです。

 
ただ、キャノンレンズとズーム方向が逆なので

一瞬考えてしまう時があります。

それから、ズーム環が重い!

自重落下防止の意味もあるのでしょうが、

ズーム環を動かすたびにカメラが動いてしまうのは

マイナスポイントかなぁ…

 
画質に関しては…

どうもミュージシャンって

明るい条件の整った環境で撮影する機会が無いので

なんとも言えませんが、これだけ撮れたら上等でしょう。

 
ちなみに、

ISOは、16000か20000で

シャッタースピードは、1/80から1/125、絞りは7.1です。

拡大すると粒子感がバレバレですが

800×1200くらいなら問題ないですね。

プリントしてみないとわからないトコもありますが、

やっぱり高感度に強いなぁとつくづく思います。

 
 
そんなこんなで、

ここCasablancaでの撮影も面白いので

また聴きに行きたいなと思ってます。