昔の写真 SLDLやまぐち号 2014/3/21

21/04/2017

門司港の写真を上げようと思っていたのですが、昔の写真で面白いのがあったので、
こちらを先に上げる事にしました。
鉄分多めになりますが、どうかな?
(全ての写真は、クリックで大きくなり、外側をクリックすると元に戻ります)

SLDL山口号なのです

前年の大雨で山口線は一部不通。
復旧には時間が掛りそうだし、
今年は、SLやまぐちは運転されないかと思っていましたが、
不通区間の手前、地福まで運転、
シャトルバスで、津和野まで行けるということで、
これは行かねばなるまいと、勇んで出かけました。

朝が早いのはちょっと苦手ですが、

まだ8時38分です。国鉄色の117系と415系の並びです。
子供の頃の、絵本を思い出すような絵です。

茶色帯の117系は、このところ黄色や緑一色に塗装変更されており
今や、貴重な写真となってしまいました。

JR九州の415系の並びです。
これもなんという事の無い写真ですが、
交直流電車は、かなり古くなってきたので
いつ置き換えが始まることやら。
いい顔してるなぁ…

真打登場 C56+DD51


いつものC57-1は、検査入りしているのでC56-160が牽引機です。


が!C56だけでは力が足りないのでDD51がバックアップします!

C56-160は、山口線から引退ですが、
京都へ行けば、目の前で見られます。

しかし、DD51はどんどん廃車が進み、
客車を牽引する機会は滅多にありません。
だから、いつも以上に興奮しました。

SLの現役時代を全く知らないわけではありませんが、
急激に無煙化が進んだので、
むしろDL(ディーゼル機関車)の方に思い入れがあります。
中でも、DD51は好きですねぇ。
形も、音も最高です!

地福へ


鉄チャンにはおなじみのDD51-1143
もっとも撮りたかった写真です。
旧型客車が現役だった頃は、何でも無い景色でしたが
今では、ほとんど見る事ができません。
揺れる車内でつま先立ちして
ヘッドライトからピントが外れないように撮るのは大変でした。
停車中では、煙が出ませんからねぇ。
ライト周りの形状がカッコ良すぎ!


地福到着です。

そのままだと、空はブッ飛んでいますが
ADOBE Lightroomで調整できました。
煙と雲も分離できています。

やまぐち号のヘッドマーク、良いですね。
思えば、ヘッドマーク自体が貴重です。
SL人吉のわけわからんヘッドマークよりはるかに良いですね。

普通のホースで給水してます。


津和野で向きを変える事ができないため、両側にヘッドマークが付いてます。

DD51は、運転席の窓が横長なのでカッコ良いんですよ~


ずらりと並んだ砂箱(わかる人にはわかる写真です(笑))


駅を通過するとき、
タブレットが当たって車体を破損しないための
防護が物々しくて良いですね~


径はC57より小さいですが、スポーク動輪は綺麗ですね。
この写真も、背景の青空を出す事ができました。
後ろの客車も、そろそろ引退。実は高齢です。


蒸気がゆらゆらしているのを見ていると飽きません。
昔は、少々駅で待たされても平気でしたがねぇ…

臨時シャトルバスで津和野へ


津和野方向を見ると、水害復旧工事のクレーンが作業中です。


この運転が無かったら、この駅で外に出る事は無かったでしょう。
立ち寄った駅の外観は、必ず撮るようにしてます。


津和野へ向かうシャトルバス車内から
やはり復旧工事中のクレーンが。


普通ならここで津和野の写真ですが、
何回も行っているので、様子を見てきただけです。
資料用に、スイッチャーの写真を一枚


「前オーライ、前オーライ」

時間的にも津和野でする事が無いので、地福に戻ってきました。
機回しも撮りたかったし(笑)


ちょうど梅の季節でした。


津和野から戻ってきたお客さんが続々とSLの周りに

本当に楽しい一日でした

地福駅では、地元の方々が
臨時のお店を出して、旅行客を歓迎していました。
これが、大事なんですよね。
これからのローカル線のあり方を見た気がしました。
うどんとおにぎりのセット、おいしかったです!

大袈裟な、歓待はうざったいですが、
こちらが気を使う必要のない歓迎って良いですね。

帰りは、撮るより感じる事に集中。
DD51の音に浸ってきました。(SLちゃうんかい?)


新山口駅で、帰りの電車待っていたらコンテナが来たので一枚。
なんとEF210のファーストナンバーでした。
日没前、光がアンバーがかって綺麗です。

いやー今思い出しても、充実の一日でした。
地福の歓迎は、良かったなぁ。
これから、面白いのはローカル線ですよ!