福岡県警音楽隊 in 黒崎駅 α7III

完全な屋外での演奏なので大変楽しみにしていた福岡県警音楽隊の演奏です。
30分ぐらい前に福岡県の北部が突然の雨に見舞われまして、もしや中止?と危惧しましたが晴れたり曇ったりまで持ち直しました。良かった良かった。
(写真はクリックで拡大、余黒クリックで元に戻ります)

バンドです







来年は「井筒屋」の文字が無くなるんですね…





黒崎駅、便利で綺麗になりました







今日はいっぱい聴かせて頂こうと、さっと撮っては前で聴いてを繰り返しました。

完全なオープンエアーですが、音の密度が高くて色々な音があちこちからちゃんと聴こえてくるんですよね~聴き疲れする大きな音ではなくて、ちゃんと聴こえる音です。

人数が多ければ密度が高くなるというものではなくて、?の付くバンドはかえって音がバラバラ=散漫になってしまいます。

今日も、消防音楽隊の奥平さんに解説してもらうため貴重な休みなのに引っ張り出してあれこれ質問してきました。おかげで県警音楽隊の方とも少しお話できて楽しかった~。楽器ごとのお話もいずれお聞きできると良いですね。

12月の消防音楽隊との合同演奏、今年も今から楽しみです。




FLAG ON STAGE !























時折日が差す上、逆光なのでほとんどのリスナーは日陰で聴いてます。なので、真っ正面から撮影することができました。しかも明るさを気にする必要がないという、滅多に無い好条件です。なので、全体的に撮る方向で撮影を進めました。

全体が見渡せたのは、たぶん初めてなので演技内容がやっと把握できました(今更?)




おっと!撮り損なうところでした

ラインダンスって撮るの難しいです…













今年の何月からかなぁ…「FLAG ON STAGE」の演技が変わりました。盛り沢山な演技で撮影していても楽しいですよ~

ユニフォームも白青から白赤に変わりましたね。つい先日まで暑い暑いと言ってましたが、朝夕は上着が無いと寒いと感じる日も。ユニフォームの変化を見て季節が変わったんだなぁとつくづく思いました。

撮影機会がもうちょっと多ければ、個人個人も撮影したいところです。

あ、今日はフラッグトス無かった…

撮影とか現像とか

今日はもう露出を切り詰めるような心配は必要ないと思ったものの、逆光なので意外と露出補正が必要で撮影段階でプラス補正していましたが、現像時にさらに明るさを補正する必要がありました。もっとも、白トビしてしまうとRAW撮影でも元に戻せないので、そこはそれで良かったのでは?

ガード演技では全体感を維持するために広角側で割り切って撮影しましたが、押さえるべきところは押さえられたかなぁ…

しかしこれだけの人数を撮るとなるとフォーカスモードの選択に悩みます。まして被写体が絶えず動きますからね。結構ハラハラしながらカメラ任せでフォーカシングしましたが、f8で広角側での撮影だとそんなにピントが外れることも無いようで安心しました。ワイド設定にしていると、理解できないところにフォーカスされることがあるので大体この辺という地面にポイント置いてます。スポットのLですね。あとは被写界深度頼りでした。

ただし、逆光時の甘さは拭えないですね。拡大するとなんかぼんやり感があります。特にFE 24-240mm F3.5-6.3 OSSの望遠側は甘いという声もあり悲しいかな納得せざるを得ません。半額以下のEF70-300F4-5.6 IS II USMに負ける時が多い気がします。(逆光なので余計目立つと申し上げておきます)

画像補正~現像ではノイズ除去とシャープネスにこだわってみました。きちんと別記事に上げる予定なのでここでは割愛しますが、ディティールとマスクをちゃんと使わないともったいないですね。この機能の使い方についてはあまり触れられていないので調べ調べ実践してみましたが、なるほどうまいこといったようです。

初めてやってみたので、一枚一枚適用戻る適用戻るを繰り返していたら、一枚あたり少なくとも10分は掛かっていたかもしれません。流れに乗れてからはそれほど時間は掛かっていないと思いますが、それでも140枚超えですから、すっかり時間を消費してしまいました。

それだけ時間掛けても、ブログ掲載時には圧縮が必要で微妙に画質が…と思うところがありますね~残念。


やっと記事投稿できましたが、重厚な演奏聴いて撮影していても楽しいガード演技を拝見することができて良かったです。雨で中止にならなかったのが何よりです。

演奏前後に毎回ご挨拶頂きありがとうございます。場所の関係もあり似た写真になってしまうのは否めませんが、次の機会もよろしくお願いします。今回もどうもありがとうございました。

21/10/2018