北九州市消防音楽隊 in 起業祭2017

04/11/2017

何年ぶりか起業祭に行きました。
元々人混みは苦手なので、毎年行くようなことは無かったのですが、
例によって(?)北九州市消防音楽隊の演奏があるので行ってきました。

ほぼ、追っかけと化してます(笑)
(全ての写真はクリックで拡大されます。余黒クリックで元に戻ります)

配置が…

ステージ使わないんですね
すでに客席も埋まってます

70mmよりちょっとズームしたくらい
正面から撮るには遠いなぁ…

キタキューティーズが撮れない~




 

正面は、すでに難しい状況だったので順光になる右手から撮影しましたが、

左手で演技してる人は、かなり遠くなります。

全体を押さえるには、かなり右に寄ってますねぇ。

 

むむっ、どっちが正しいんでしょう(笑)



踏み台に乗っても、これが限界です
真ん中に1人いますからね!

 

正面からも撮ってみましたが、両翼を全部入れようとすると

ほとんどお客さんを後ろから撮っているような写真になってしまうので

部分的に撮る事になりました。

撮れなかった方々、スミマセン…

 

今日もやっぱりフラッグを見ながら撮影しました。

フラッグが拡がったところでうまく撮れるとサマになります。

でも、フラッグの高さがいまだ把握できてなくて、

微妙に切れていることもあります。

表情重視で思い切ってトリミングする場合もありますが、

フラッグにも表情ありますからね~

(ざっくりトリミングしているため、荒れ気味な写真もあります…)

 

やっぱり、画面下に人の頭が入ると集中力が分散してしまいます。




バンドメンバーの写真はいっぱい撮れました

順光側から撮りましたが、やっぱり遠い…











 

バンドの左手は、かなり後ろまで回れるので

普通は撮れない(誰も撮らないような(笑))位置から撮影できました。

右手からの撮影ができなかったのがちょっと残念でしたが

それでも、写線を引きやすくて色々なアングルを試すことができました。

 

失敗は、写ってはいるものの

どの写真でも合焦していない方がいたことです。

ファインダー覗いてると、撮ったつもりになってしまうんですね~

反省、反省…

 

この日は、起業祭の開会式を挟んで全9曲(アンコール含む)で、

もっとあれこれ撮れると思ったのですが、

バンドとキタキューティーズが軸線上に並ばないのでどっちかしか撮れず、

いつもの写真とあまり変わりなかったのが不満です…

 

曲数が多いので、動画も撮ろうと意気込んで行ったのですが

人の往来が多くて、とても後ろから撮れるものではなかったので断念しました。

M5の手振れ補正を試してみないことには、

このカメラの不満ばっかり言っているので、

まるでダメなカメラを使っているように思われてしまいますね。

4Kは撮れませんが、笑っちゃいたくなるくらい綺麗に撮れます。

あり得ない写り


 

拡大しないとわからないかもしれませんが、

画面の左側のボケがすごいんです。

そういうフィルターは付けてません。

円形にボケているならなんとなく理由がわかる気もしますが、

左側がきっちりボケているのが謎です。

イメージサークルは円形ですからねぇ…

なので、レンズの異常は考えにくく

センサーからの読み込みエラーなのかなぁ…と思います。

 

なんにせよ、こういう写真になったことがないので心配です。

繰り返し、この症状が出るようであれば入院ですねぇ…

楽器の話など…

クラシックは、小学生の頃から割と聴いていたので、

自然と、楽器の名前も覚えましたが、その道に進んだわけではないので、

個々の楽器の事は、わからないことだらけです。

 

アンコール曲が「マツケンサンバ」だったのですが、

ティンバレススティールの音があんなにでかいとは思いませんでした。

2mくらいの距離にいたから当然かもしれませんが、意外でした。

 

結構、音を聴きながら撮影しているのですが、

聴く音を切り替えるとなかなか面白いものです。

ただ、個別に全ての楽器の音を聴いたことがないので、

特に中低音の楽器は、どれが聴こえてきているのかわからず、

ちょっと悔しい気もします。

 

実音を自分の耳で分析するのは飽きないものです。

CDと違って、空気感がありますからね~

起業祭

このステージのすぐそばに大谷会館というのがありまして、

レトロなおもちゃやお菓子の展示があったので覗いてきました。

欲しかったけれど買ってもらえなかったおもちゃもあったりして感慨深かったですね~

でも、レトロってなんだよ~。つい最近のことじゃんよ~って言いたくなります。

実は、40年以上前のことなんですよね~

いまだ、感覚が子供でございます。

屋台がいっぱいあるけど

ワタクシ、小さい頃から醒めたトコありまして、

屋台のお菓子やおもちゃにあんまり興味を持たない子でした。

おもちゃはピストル、お菓子は綿菓子くらいしか欲しがらなかったですね。

皆がリンゴ飴を持っているのを見て、一度買ってもらいましたが

飴の中は普通のリンゴじゃんと思って持て余したことがあり、

以来、屋台のお菓子には興味を持たない子になり

親戚をガッカリさせたことが何度もあります。

だって、ここで今買わなくてもいつでも売ってるじゃんって感じですね。

 

おもちゃにしても、すぐ壊れそうなものばっかり…

お面?着けて遊ぶの?冗談でしょ?って子で

兵器類のおもちゃには興味津津でしたが、

概して高価なので、今度は親、親戚にスルーされる始末。

買ってもらえないのがわかっているので

お祭り自体に興味のない子になってしまいました。

よく、子供騙しと言いますが、騙されないイヤな子だったんですねぇ。

小学校低学年の時に、

ほぼ一万円する鉄道模型に熱視線送って親を困らせました(笑)

プラレールじゃダメなんです。

リアルじゃないとダメな子だったんです。

 

嫁もそんなところがあって、梅ヶ枝餅は買いましたが、

すぐ、アーケードまで降りてきました。

 

アーケードでも、ワゴンが並んでいて色々な物を販売していましたが、

フリーマーケットみたいな雰囲気で、こちらは大変楽しかったですよ。

何を売っているか歩きまわって見た上で、

ケーキやら焼きそばやら寿司やら買いました。

それでも、3000円そこそこ。

 

アーケード内のマーケット、楽しいですよ~

是非、脚を運んでみてくださいね~