福岡市動物園② 20175月7日

11/05/2017

福岡市動物園の続編です。
レッサーパンダとコツメカワウソの写真が多かったので
別記事にしました。

レッサーパンダ 活発なコ






外に出てるコはよく歩きます。
おおむねルートが決まっていて巡回してます。

マーキングの確認のようですが、神経質なくらい巡回します。

 
レンズをEF70-200f4L USMに換えて撮りました。

で、ルートは決まっているから撮りやすそうなものですが、
アップにすると動きがわからず、いまひとつピントが甘いですねぇ。
AFだと後ろの壁にピントが合ってしまうものも何枚かありました。
ピンポイントAFにもしましたが、それはそれで動きに合わせるのが大変で、
動物撮影の難しさを痛感しました。

レッサーパンダ 寝てるコ




寝てるコは、ほぼ眠りっぱなしです。
5分や10分では動いてくれません。
暑くなってくると、さらに動かなくなるような…
たまに薄眼を開けるのが笑いです。

コツメカワウソ












コツメカワウソはとにかくよく遊びます。
少なくともウチら夫婦がいる間に寝てるコはいませんでした。

ここは、暗い所に一か所明るいところがあって露出がコロコロ変わるので大変です。

止まったところを狙って撮るのですが、AFが悩むのは最初からわかっていましたので、ほとんどマニュアルでピント合わせてます。
望遠側にすると、被写界深度が浅くなるのでピント合わせも難しくなります。
ピーキングの表示では合焦しているはずなんですが、実際は微妙に前ピンだったり後ピンだったりですね~

しかしマニュアルフォーカスへの移行が簡単でAFが迷っているウチに撮れてしまうのではないかと思います。
AF性能が云々言う前に、道具に合った使い方をする事ですね。
ピーキングも助かります。
ゆっくりフォーカスリングを動かすと、前から後ろへピントが移動していくのがよくわかります。

今回の設定

モードはマニュアルで、(撮影は、RAWです)
絞りはf9、シャッタースピードは200から上をちょこちょこ変えて撮りました。
そのうえで、ISOをオートにしておきました。
極端に感度が上がってしまう時に、絞りやシャッタースピードを下げました。

鉄道写真に似て、絞りもシャッタースピードも必要ですから
ISOをオートにして、過剰なノイズは補正の段階で抑えてます。
思ったほどボンヤリした画にもならないので、最近この設定で撮ってます。

動画も撮ってみました