北九州市消防音楽隊 in リバーウォーク 2018/6/6 α7III+X-T20

07/06/2018

月例、水曜コンサートです。
梅雨の中、演奏あるのかなーと気になってましたが。
ソロあり、聴いたこと無い楽器ありの楽しい日でした。

今日は、広角側をX-T20に受け持ってもらいました。

Fun,Fun,Fantastico!





 
普通、一曲目はキタキューティーズの演技があり1階で撮影していましたが、

今日は2階で撮ってみようと考えました。

画角を決めるのに悩むところはありますが、

フラッグが非常に綺麗に見えるので好きなアングルではあります。

 
始まるまで下に居ようかなと思いましたが、

上で見てると人の動きが面白いんですよ。

色々と頭の整理もできるし…

 
結果的に70mmがちょうど良かったので、X-T20ではなく

さらにズームできるα7III+CANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USMです。

3枚目の写真はかなりトリミングしていますが、

これだけ撮れれば上々だと思います。

 
撮影データは、ISO10000、シャッタースピード1/200、f5.6(+0.7)です。

1/160でも撮れなくはないのですが、

300mmは300mmなので保険掛けました。

一階に降りました






こっちはα7III、ISO10000、シャッタースピード1/200、f4.5

こっちはX-T20、ISO10000、シャッタースピード1/180、f6.4


 
バンドメンバーは遠いので1階へ降りました。

今日は、フルートソロがあり色々な角度から撮影しました。

やっぱりフルートの音、好きですね~

時々聴き入ってしまって、撮影忘れるところもありました。

ソロが開けてから、サイド~後ろへ移動して撮影してみました。

今日はギャラリーが多く、ベンチの後ろにも立ち見が出ていました。

 
また、初めて見る楽器もありました。

サッカーのサポーターがよく使ってるやつで、

「スルド」って言うのかな?去年は見てないなぁ。

テレビでは見ることあっても、(胴が銀色ってのは初めて見ました)

原音聴けてちょっと嬉しかったですね~

 
天気が悪いので、銀箱もステップも持っていかなかったので

人の頭を越せず、正面から撮れなくて失敗。

傘が一本増えるって、重くなくても邪魔ですからね~

雨天時の装備のまとめ方を考えないとダメですね。

銀箱は、蓋を開けたときに水滴が落ちる心配があります。

気を付けましょう(笑)

 
ドラムスの写真は、どうせならと思い、違うカメラで撮りました。

運よく、シンバルのミュートが撮れました。

DEEP PURPLEのYOU FOOL NO ONEを思い出します(古っ)

ドラム良いな~

この2枚の写真、

画角も違うし色補正も違いますが、

解像感は変わらないと思いませんか?




キタキューティーズをX-T20+XC16-50mmF3.5-5.6 OIS Ⅱで









 
キタキューティーズの演技は、

広めな撮影になるのでカメラをX-T20に換えまして

慣れないながら撮影しました。

 
天候の割にギャラリーが多く、

正面側から撮れないのでほとんど真横からになってしまいました。

正面より奥行きが深くなるので、手前にフォーカスするのですが

左目で外界を見ていても、カメラとレンズに遮られて右側って見えないんですよね。

ファインダーから居なくなると、どこに移動したのかさっぱりわからなくなります。

あまりに追えないので、床に置きピンですが

そこそこ撮れているんじゃないかなと思います。

 
解像感を維持してくれているのは大きいです。

この解像感を活かすには、

フォーカシングの仕方を考えないといけないですね~

フォーカスエリアの大きさや位置の変更が

あまりサッとできるものではないので、

最初の設定がキモになるようです。

 
あたふたしながら撮影したので、

「In The Mood」でのトランペットソロまで手が回りませんでした…

うーん、残念

 
最後の2枚は、アンコールの「マツケンサンバ」です。

思い切ってアップでと思い、α7IIIに換えてみました。

アップで左右に追っての撮影は、広角より大変ですが

アップの分、フォーカスエリアは限られるので

思ったより簡単でした。

 
ちょっと残念なのは、アウトフォーカスの写真より

目を瞑ってる写真が多かったことです。

あんまりないことなので、笑ってしまいました。

1人だけならありますが、2人以上同時に目を瞑ってるってないですからね。

でも、それだけ呼吸が合ってるんじゃなかと思えます。

 
今回気付いたのですが、

つま先や指先き、フラッグがブレていても

顔や胴体がブレた写真って、考えたら無いんですよ。

体幹がしっかりしているからなんでしょうか?

1/200でもフラッグがブレるんですから、

かなりの勢いでフラッグを動かしているはずなんだけど、

体がブレないって凄いですね~

X-T20雑感

α7III並みに高感度に強いので導入したX-T20です。

驚くほど…ということはありませんが、

ISO10000での撮影ということを考えると凄いと思います。

今までは、ISO1600から怪しくなり

ISO6400ではザラザラボケボケで、

800×1200で貼る気にはなりませんでしたから

相当な、進歩だと思います。

 
α7IIIほどではありませんが、

AFエリアが小さく点数も多いので、

詳細にピントが合うと思うのですが、

フォーカスエリアの移動がしにくいですね。

タッチパネルでできなくはないですが、

α7III並みで、EOS M5のようにはいきません。

α7IIIは大きい分仕方ないですが、

X-T20は小さいですからね。

カスタマイズも考えないといけません。

 
FUJIオリジナルの発色は選択していませんが、

RAWでも元々出力する色が良いようです。

 
まぁ、この環境下で付いてきてくれたカメラとレンズには

大いに感謝しなくてはいけないと思います。

 
 
冒頭の2階から撮影した写真をご覧になるとわかりますが、

列の前から後ろへと環境光…特に色温度が違うので

被写体の場所によって補正値が異なります。

顔の色味を変えずにシャツの青被りを軽減するために

HSTの彩度を下げています。

その影響で、グリーンが影響を受けて薄くなっていますが、

この環境下ではなんとも…

 
絞りはなるべく開放にしたくない、

シャッタースピードは1/160は必要、

それを満足しようとするとおのずと感度を上げないといけない…

こういう状況って案外多いものです。

それを踏まえて導入した2機種ですが、

まだ使いこなせていないものの、

それでもこれだけ撮れるのは凄いことだと思います。

 
X-T20の使用感については

また後日、記事にしたいと思います。