友達んちの猫 9 α7III

13/03/2019

今回で9回目の友達んちの猫は、ダンテ君だけです。
妹?ミヤコは2階のコタツが恋しくて降りてきませんでした。
かくして、モデルはダンテ君だけでした。
(写真はクリックで拡大、余黒クリックで元に戻ります)

猫って眼が綺麗だね~

ISO-2500 Tv-1/30 Av-f5.6

 

ISO-2000 Tv-1/30 Av-f5.6
上手い具合にアクビしてくれたけど被写体ブレしちゃった

 

ISO-2500 Tv-1/30 Av-f5.6

 

ISO-2000 Tv-1/30 Av-f5.6
あんだよ?

 
たまたまカメラを持ったまま立ち寄ったので、またまた撮影してきました。

ダンテ君がいるのは、お店のレジの上です。微妙に暖かいので寒い時期には大体そこが定位置になってます。以前は時々レジがエラーになって「ピー」と鳴ることもありましたが、最近は友達=店主がレジをいじってエラー音が鳴らないようにしている状態です。

猫って勝手気ままだけれど、友達が作業しているとちゃんと見てるんですよね。大きな金属音が苦手というのもありますが…

私がナデナデしても余程じゃないと機嫌を損ねることはありませんが、どうも嫁は嫌われているようで同じように撫でても怒られてます(笑)ちゅーるをあげてるのは嫁なんだけど、なーんか気に入らないんでしょうね~

「ダンちゃん、なんで~?」が決まり文句です。

 
見出し通り、猫って横から見ると眼がビー玉みたいに透き通ってて綺麗なのでいつかちゃんと撮りたいなと思っていたのですが、ストロボはないもののα7IIIでどこまで撮れるかなぁと撮影してみました。

ストロボ使ったときのようにはいきませんが、なかなかいい仕事してくれていると思います。おとなしくしてくれていないと撮れませんけどね。

面白いことに、正面を向いているときにたまに顔認識することです。まだ動物の瞳認識はありませんけどね~(笑)

あれれ?写真が縞々に…

ISO-5000 Tv-1/80 Av-f5

最初に撮った写真がこれなのですが、フリッカーノイズが出てしまいました…ダンテ君が縞々になってます(笑)

しかし、こんなにハッキリわかるもんでもなかったような気がするんだけどなぁ。

「いけね~」と思って無音シャッターから普通のシャッターへの変更を先にしました。しかし、先にすべきはシャッタースピードを下げることでしたねぇ。いやぁ、ここまで派手に縞がでたことがなかったので、うろたえてしまいました(笑)

とにかく何もいじらない設定にしているので、フリッカーレスがOFFになってるのも忘れてました。基本的に撮影1枚目は確認するので気付いて良かったですよ。

レンズは、FE 24-105mm F4 G OSSです。FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSより軽いので最近はこのレンズばっかりです。

 
犬はモフるもの猫は撮るものって感じで、またちゃんと撮ろうかな…